Mail Magazine

 

Past Events

オンサイトラボ

Voice 現代日本の作曲家と出会う 第1回 間宮芳生の音楽

On Site Lab 若手音楽家支援プログラム vol.05-1 

mamiya_dscn_5861r.jpgのサムネール画像

  • 会 期:
    2006年09月30日(土)
    時 間:
    18:00
    入場料:
    一般2500円、学生2000円
    主 催:
    トーキョーワンダーサイト/同時代音楽塾
    若手演奏家:音坊主(アンサンブル)、首藤玲奈(ソプラノ)、津島裕子(語り)、吉川真澄(ソプラノ)
    会 場:
    トーキョーワンダーサイト渋谷
    アーティスト:
    出演者:間宮芳生(作曲家)、原田敬子(作曲家)、岡部真一郎(音楽学者、評論家)、森下周子(若手作曲家)

    イベントチラシをダウンロード (648.4 KB)


「Voice 現代日本の作曲家と出会う」と題して、総合ワークショップ&コンサートを開催します。日本を代表する現代作曲家を毎回一名迎え、対談、作品のプレゼンテーション、コンサートが行われるこのプロジェクトでは、作曲家が作品に託した思いや、意図したこと、創作時の時代背景などについて作曲家自らが語り、コンサートではその作品に若手演奏家が挑戦します。若手作曲家による作品初演&プレゼンテーションも開催。第1回目は、招待作曲家に民俗音楽研究者としても名高い現代作曲家、間宮芳生氏を迎え、主に「歌」の作品を取り上げ、関連作品として間宮氏と親交の深い作曲家、ジョルジ・クルタークの作品が演奏されました。

 

 

■プログラム

第1部

18:00 対談 間宮芳生×原田敬子 --古くて新しい言葉と音楽の出会い-- 

      進行:岡部真一郎

18:40 プレゼンテーション ""間宮芳生 自作を語る""

19:40 森下周子(若手作曲家) 自作プレゼンテーション

 

第2部

19:50 コンサート・プログラム 
           演奏:音坊主(アンサンブル)/首藤玲奈/津島裕子/吉川真澄


森下周子(1981-):
   新作初演(2006) (Sop.首藤玲奈 Vn.佐久間聡一 Pf.洪鐘善)


ジョルジ・クルターク(1926-):
   「カフカ断章 作品24〜」(1986)ソプラノとヴァイオリンのための ※抜粋
   (Sop.吉川真澄/Vn.蓑田真理)
   「7つの歌 作品22」(1981)(Sop.吉川真澄 Pf.鷹羽弘晃)

       

間宮芳生(1929-):
   「声、ヴァイオリン、ピアノのための セレナードII」(1986) 
  (声.津島裕子 Vn.蓑田真理 Pf.田中やよい)
   「ユメタガイ・ナナグラテンチ・ツガイダン」(1993)※改訂版初演 
  (Sop.首藤玲奈 Vn.佐久間聡一 Pf.洪鐘善)

 

mamiya_dscn_5861r.jpg mamiya_dscn_5983r.jpg



コンサートプログラム風景

TOP