Mail Magazine

 

Past Events

コンサート

Voice 現代日本の作曲家と出会う 第2回 湯浅譲二の音楽

On Site Lab 若手音楽家支援プログラム vol.05-2

20070219Sea3.jpg

  • 会 期:
    2007年02月19日(月)
    時 間:
    18:00 - 21:00
    入場料:
    一般2,500円、学生2,000円
    主 催:
    財団法人東京都歴史文化財団 トーキョーワンダーサイト
    協 力:
    原田敬子(作曲家)
    会 場:
    トーキョーワンダーサイト渋谷
    アーティスト:
    湯浅譲二

    イベントチラシをダウンロード (288.2 KB)

トーキョーワンダーサイトでは、2005年に「On Site Lab 若手音楽家支援プログラム」をスタートして若手の音楽家支援に力を入れた活動を行ってきました。若手音楽家に現代音楽を演奏する機会を提供し、若手自身が企画から演奏までのオーガナイズを行う過程で、トーキョーワンダーサイトがそのサポートを行うプログラムです。現代音楽の可能性、現代音楽の教育の可能性などについて、音楽・美学などの専門化によるフォーラムも開催します。また、日本国内では学ぶ機会の少ない現代音楽奏法などを、国内外の演奏家から学ぶワークショップも行います。

■プログラム:
第1部
18:00~ プレ・コンサート 
 Edgard Varèse:「比重21.5」
 湯浅譲二:「ドメイン」 フルート・ソロのための
18:20~ 対談 湯浅譲二×沼野雄司(音楽学者)
 "変わるものと変わらないもの―湯浅譲二の創作の軌跡"
19:00~ 湯浅譲二 プレゼンテーション "自作を語る"
19:30~ 松本直祐樹 プレゼンテーション

第2部 
20:00~ コンサート
  (演奏:音坊主(アンサンブル)/内山詠美子(マリンバ)/小松崎恭子(フルート)
  /青木涼子(謡))
 湯浅譲二:「内触覚的宇宙」 チェロとピアノのための 
 松本直祐樹:チェロとピアノのための新作 
 湯浅譲二:「マリンバのための音楽」、舞踊音楽「雪は降る」

 

同時代音楽塾新シリーズ企画"Voice"は、日本を代表する作曲家に焦点を当てた総合ワークショップです。
若手音楽家が日本の重要な作曲家と直接出会い、その"声"を主に演奏や作曲家自身のプレゼンテーション・対話によって広く皆様にお届けします。第2回目となる今回は、常に最前線で意欲的に創作を続けている現代作曲家、湯浅譲二氏を迎え、その作品を取り上げる他、関連作品として湯浅氏が最も影響を受けたエドガー・ヴァレーズの作品、近年目覚ましい活躍をしている若手作曲家、松本直祐樹さんの新作を演奏しました。(同時代音楽塾 渡辺裕紀子)

yuasa_dscn_8019.jpg  yuasa_dscn_8074.jpg
会場風景
TOP