Mail Magazine

 

Past Events

エキジビジョン

INDEX #3 ―経験の効用―

  • 会 期:
    2007年05月05日(土) - 2007年06月03日(日)
    休館日:
    月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
    時 間:
    11:00 - 19:00
    入場料:
    無料
    主 催:
    財団法人東京都歴史文化財団 トーキョーワンダーサイト、art project room ARTZONE、shin-bi、INDEX #3 実行委員会
    会 場:
    トーキョーワンダーサイト 本郷
    アーティスト:
    津田久美恵、園部典子、太田麻里、栗原良彰、松宮硝子、林 奈緒、菊池絵子、下川壮平、林 加奈子、戸田祥子

    イベントチラシをダウンロード (317.6 KB)

トーキョーワンダーサイトでは文化に関わる若手の支援育成を様々な形で独自のプログラムを行って参りました。その大きな特徴は「現場で学ぶ」ということを基本にしていることです。プロになっていくには、「現場で学ぶ」ことを誰もが必要不可欠なプロセスだとわかっていながら既存の教育機関ではなかなか出来ないものでした。

今回のプログラムはTWSが大学と連携することによって、アートマネージメントを学ぶ学生の実践の場として、また若い世代の交流を目的に行うプログラムです。また関西の学生が東京で展覧会を開く貴重な機会となっています。
「INDEX#3―経験の効用―」展は2005年に京都造形芸術大学の運営するアートスペースARTZONEで第一回目が開催されました。2006年には、ARTZONEに加え、トーキョーワンダーサイトでの展示を行い、第3回目の今回は、さらに規模を拡大し、京都展は京都精華大学のアートスペースshin-biも加わり、京都展二カ所、東京展一カ所の計三カ所で開催されます。出品アーティスト10名は殆どが80年代生まれの20代の若手アーティストです。若いアートマネージメントを志す者が、同年代のアーティストの展示を行う試みとなっています。

img_artist_20070426_01.jpg

Kumie Tsuda「Forest of tear」2006

 

img_artist_20070426_02.jpg

Kanako Hayashi「Peep in Sarajevo」

 

img_artist_20070426_003.jpg

Syouko Matsumiya「Duqulamer‐diorama‐(Dugulamer‐a) 2007」

 

展示風景

DSC_0023-.jpg  DSC_0024-.jpg

DSC_0042-.jpg  DSC_0051-.jpg

DSC_0056-.jpg


TOP