Mail Magazine

 

Past Events

エキジビジョン

TWS-Emerging 074/075/076

074 池田拓馬 「THE OPENING IN THE WALL」/075 トモエ 「クリティカルヒット」/076 中島 健 「SONLO」

_DSC7157-.jpg

  • 会 期:
    2007年07月07日(土) - 2007年07月29日(日)
    休館日:
    月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
    時 間:
    11:00 - 19:00
    入場料:
    無料
    主 催:
    財団法人東京都歴史文化財団 トーキョーワンダーサイト
    会 場:
    トーキョーワンダーサイト 本郷
    アーティスト:
    池田拓馬、トモエ、中島 健

    イベントチラシをダウンロード (258.3 KB)

TWS-Emergingは トーキョーワンダーサイトの若手アーティスト支援の一環で、公募展トーキョーワンダーウォールの入選者名の中から希望者を募り、審査を経た後、TWS本郷にて個展を行う企画です。

過去に実施したTWS-Emerging一覧はこちら


ドアを開ける時、人はその向こうに何か期待を持って開きます。たとえトイレのドアであろうと、そこには自らが期待する何かがあるはずだと。池田拓馬の作品のドアは、取り壊された建物で実際に使われていたドアが使用されています。しかし、そのドアを開くと次にあるはずの部屋はなく、今立っている空間の裏側をただのぞくことになります。今ここにある日常への疑いのない自分へ、大きな疑問を投げかけます。

トモエは数学の博士課程に在籍し、研究と並行してアート作品を制作しています。90年代に流行した少年用玩具のステッカーをコラージュした作品は少年時代に感じていた「かっこいい」感覚を現在の視点から再構築したものだと作家は語ります。テレビゲームとプラモデル玩具で遊んだ少年たちの憧れの現風景とも見えますが、立体に張るべきステッカーを平面上に落とすと、そこには2次元と3次元の間の不思議な空間のひずみが現れてくるようです。

中島 健は、日常の片隅をキャンパスに絵の具で描くという単純なプロセスを、ヴィデオアートとして提示します。それは、あまりにもシンプルで、至極当たり前で、一見、愚純とさえ思えます。しかし日常のありふれた風景も、じっくりと一枚一枚その表皮をめくっていことで一滴の集約された時間の塊が浮かんでくるのです。これら3名の若いアーティストがそれぞれに表現する現代の感性と空気をぜひご体感ください。

 関連企画:
7月7日(土)
16:00~17:00 オープニングトーク
17:00~19:00 交流会

 

takuma_ikeda.jpg

Takuma Ikeda [PASSAGE] 2006

tomoe.jpg

Tomoe/ [popcorn] /2006

takeshi_nakashima.jpg

Takeshi Nakashima/ [UNTITLED] /2006 

 

会場風景
_DSC7202-.jpg  _DSC7240-.jpg

_DSC7249-.jpg  _DSC7314-.jpg

_DSC7377-.jpg









TOP