Mail Magazine

 

Past Events

コンサート

On Site Lab Emerging Artist Support Program Music 2007

21世紀を担う新鋭たちの響き

  • 会 期:
    2008年01月24日(木) - 2008年01月27日(日)
    時 間:
    11:00 - 19:00
    入場料:
    有料
    主 催:
    財団法人東京歴史文化財団 トーキョーワンダーサイト 
    会 場:
    トーキョーワンダーサイト本郷 
    アーティスト:
    西久保友広、ドゥオール(藤井隆史&白水芳枝)、植村理葉、橋本晋哉、寒川晶子、デニス・パトコヴィッチ

    イベントチラシをダウンロード (533.3 KB)

 

Emerging Artist Support Program Music は、トーキョーワンダーサイトが2004年度から実施している若く才能豊かな音楽家の発掘と育成を目的とした支援プログラムです。より多くの若手音楽家に発表の場を提供するために、昨年度より国内外を対象に、若手音楽家企画公募を開始しました。入選者は、選出された音楽企画(コンサート、ワークショップなど)をトーキョーワンダーサイトの支援のもとに実施します。
今年度は選考の結果2名が選ばれました。推薦を受けた4名による企画を合わせて、計6名が意欲的で個性に富んだ企画を自ら行います。また募集の際に、企画者(演奏者)と同世代の作曲家の作品や、この公演のために書かれた新曲を含むことが奨励されているため、多くの若手作曲家の作品がプログラミングされました。新しい世代の音楽家達によるコンサートをぜひお楽しみください。

 

【2008年1月24日(木)】==============

「相反するものの混在、そして融合」

 出演: 西久保友広(マリンバ)[TWS推薦]、柴原誠(打楽器)
 時間: 19:30開演/19:00開場
 料金: 2,000円
 協力: パール株式会社

■プログラム
 クリストス・ハーツィス 「Fertility Rites」
 ジェセフ・シュワントナー 「Velocities」
 池辺晋一郎 「モノヴァランスⅣ-マリンバ等のために」
 権代敦彦 「Liebster Jesu, Wir sind hier」
 稲森安太己 「理火の歌」

===========================  

・日時 1月25日(金)
ピアノデュオ 藤井隆史&白水芳枝 「シューマン"天使の主題"をめぐるピアノの夜」
~ソロ、4手連弾、2台ピアノが織り成す、回帰の旅~
・出演者:藤井隆史&白水芳枝(ピアノデュオ)[入選]
・開演/開場時間 19:00/18:30
・料金 2,500
・協力 株式会社ヤマハミュージック東京 銀座店
・プログラム
[ピアノソロ:藤井隆史]
ロベルト・シューマン:変奏曲 遺作(天使の主題による変奏曲)
[2台ピアノ]
神本真理:委嘱作品
オリヴィエ・メシアン:アーメンの幻影
5. 天使、聖人、鳥の歌のアーメン
[1台4手連弾]
ジョージ・クラム:天界の力学 (マクロコスモス Ⅳ) (1979)
1. ケンタウルス座アルファ星
2. 白鳥座ベータ星
[ピアノソロ:白水芳枝]
西村 朗:星の鏡
[1台4手連弾]
ヨハネス・ブラームス:ロベルト・シューマンの主題による変奏曲 op.23


・日時 1月26日(土)
・メインタイトル
「植村理葉と現代曲」
・出演者 植村理葉 (ヴァイオリン) [TWS推薦]、一宮明代 (ピアノ)
・開演/開場時間 13:00/12:30
・料金 2,500
・プログラム
パウル・ヒンデミット:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ作品11-1変ホ長調
アロイズ・ブレーダー:ラメント
一柳 慧:ヴァイオリンとピアノのための シーンズ
尹伊桑:大王のテーマ
オリヴィエ・メシアン:主題と変奏 ヴァイオリンとピアノのための
アルフレット・シュニトケ:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ第1番

・日時 1月26日(土)
・メインタイトル
「テューバは語る」
・出演者:橋本晋哉(テューバ、) [TWS推薦]、甲斐史子(ヴァイオリン、ヴィオラ)、松平敬(バリトン)、藤田朗子(ピアノ)
・開演/開場時間:19:00/18:30開演
・料金:3,000
・協賛:ドルチェ楽器管楽器アヴェニュー東京
・プログラム
川島素晴:3つの習作「バス課題/ソプラノ課題/学習追走曲」 (2006)
マウリシオ・カーゲル:ミルム (1965)
ガース・ノックス:次の潮汐と共に... (1990)
山根明季子:委嘱作品 (2008)
ジャック・ルボチエ:どうして俺のことをもう愛していないの? (1989)
湯浅譲二:天気予報所見 (1983)
ヴィンコ・グロボカール:ジュリリチューバイオカ (1996)
即興演奏

 

・日時 1月27日(日)
・メインタイトル
「音楽になるとき」
・出演者:寒川晶子(ピアノ) [TWS推薦]、analogic
・開演/開場時間:13:00/12:30
・料金:2,000
プログラム
武満徹:「こどものためのピアノ小品」より 微風
マリオ・ダヴィドフスキー:ピアノと電子音のためのシンクロニズム No.6
三輪眞弘:ピアノのための、語られた音楽が語るとき、クラーレンツ・バルローの言葉による
映像と音の反転のシステムのために
ドメーニコ・スカルラッティ:「ソナタ」L.104 K.159
フランツ・シューベルト:「4つの即興曲」D.899(Op.90) 第3番 共演:analogic 
ベラ・バルトーク:四つの悲歌 Op.9a
角田俊也:比例のための習作

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

共演: analogic
ミキサーの音声信号と映像信号のフィードバックにより聴覚と視覚が反転し相互干渉する現象をリアルタイムで加工するライブを行う。音と映像の境界線を曖昧にする。 また、様々なミュージシャンとコラボレーションも行っている。その際はミュージシャンの音をシステムに繋ぎリアルタイムで映像化する。

analogic HP :http://www.h4.dion.ne.jp/~eelk/

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

・日時 1月27日(日)
・メインタイトル
 "Phenomenology"
・出演者
デニス・パトコヴィッチ(アコーディオン)[入選]
・開演/開場時間 19:00/18:30
・料金 2,000
・プログラム
ユッカ・ティエンスー:Erz
ユッカ・ティエンスー:Aufschwung
タピオ・ネヴァンリンナ:Hug
ユッカ・ティエンスー:Fantango
原田敬子:Bone+  

TOP