Mail Magazine

 

Past Events

エキジビジョン

マティアス・シャーラー 「Purple Desks」

TWS青山:クリエーター・イン・レジデンス成果発表展覧会

28_17-35-6.jpg

  • 会 期:
    2008年04月12日(土) - 2008年06月15日(日)
    休館日:
    4/14・21・28, 5/5・7・10-17・19・26, 6/2・9
    時 間:
    11:00 - 19:00
    入場料:
    無料
    主 催:
    財団法人東京都歴史文化財団 トーキョーワンダーサイト
    会 場:
    トーキョーワンダーサイト 渋谷
    アーティスト:
    マティアス・シャーラー

    イベントチラシをダウンロード (128.6 KB)

2006年11月、トーキョーワンダーサイトは、青山にアーティストの滞在制作を目的としたレジデンス施設を開館しました。2007年度より、TWS渋谷にて滞在制作の成果を発表することにより、トーキョーワンダーサイトは本郷、渋谷、青山の3カ所で東京の新しいアートのプラットフォームとしての活動をさらに広げています。このレジデンスのプログラムの一つとして、国際的に第一線で活躍している方々より推薦を受けた才能あるアーティストを選出する国際推薦人制度により2名のアーティスト、マティアス・シャーラーとステファン・ディーンを招聘し、滞在制作成果発表展を開催いたします。

マティアス・シャーラーは、グッゲンハイム美術館シニア・キュレーターであるジェルマーノ・チェラントの推薦を受けたアーティストで、不在の空間を街やその主のポートレイトとしてとらえた作品を制作しています。本展ではバチカン市国にあるローマ教皇庁の枢機卿の執務室をとらえたシリーズを発表します。主が不在の空間は、その場における出来事や主の存在感をより強く感じさせます。

 

マティアス・シャーラー Purple Desksシリーズ《Congregation for the Doctrine of the Faith》2004-2007 写真

TOP