Mail Magazine

 

Past Events

エキジビジョン

TWS-Emerging 110/111/112

110 永島千裕 「The Stranger」/111 伊藤雅恵 「MIXING IN」/112 西村加奈子 「妖精/眠る場所」

  • 会 期:
    2008年10月25日(土) - 2008年11月16日(日)
    休館日:
    月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
    時 間:
    11:00 - 19:00
    入場料:
    無料
    主 催:
    財団法人東京都歴史文化財団 トーキョーワンダーサイト
    会 場:
    トーキョーワンダーサイト 本郷
    アーティスト:
    永島千裕、伊藤雅恵、西村加奈子

    ■永島千裕による展示解説・展覧会の様子が動画でご覧いただけます。

    イベントチラシをダウンロード (3.0 MB)

本年度第6回目のTWS-Emergingとなる今回は、永島千裕による「The Stranger」、伊藤雅恵による「MIXING IN」、西村加奈子による「妖精/眠る場所」の3つの個展を開催いたします。


 ※過去に実施したTWS-Emerging一覧はこちら

【永島千裕】
「普段見聞きしている事象が蓄積されると核となる情報が姿を現し、さらに昇華すると普遍的なビジョンへと繋がる」と語る永島千裕。彼女は、日常の風景にある場所と時間や意味と思考が入り混じる混沌の大地を舞台に、何処でもない場所の何者でもないだれかの姿を描いています。

【伊藤雅恵】
画面に舞い散る鮮やかな色。伊藤雅恵が描くのは、自身のさまざまな経験や感情それぞれに「ふさわしかった景色」であるといいます。花を媒体にしながら記憶や想いといった感覚に重ね合わせて描かれた景色は、画面から見るものに向けて溢れ出てくるようにも見えます。

【西村加奈子】
それぞれの土地に息づく土着的なものや、どこか奇妙で不思議なものの中にある生命感に強く惹かれるという西村加奈子は、仏壇や植物などを主題に細密に描いた作品を制作しています。本展では、西村が特に強い想いを抱く故郷の風景や、咲き乱れ枯れていく花々など自然の中に潜むアニミズム的なものの存在感を、油絵具の鈍い光の奥にとらえた作品を展示します。

■伊藤雅恵による展示解説・展覧会の様子が動画でご覧いただけます。


■西村加奈子による展示解説・展覧会の様子が動画でご覧いただけます。

 


永島千裕 《A little seeker》 2008 紙にアクリル

 

masae_itoh.jpg
伊藤雅恵 《迷子の人》 2008 油彩、カンヴァス

 

kanako_nishimura.jpg
西村加奈子 《仏壇》 2007 油彩、カンヴァス

TOP