Mail Magazine

 

Past Events

レジデンス

OPEN STUDIO 2009_04

  • 会 期:
    2009年07月18日(土)
    時 間:
    14:00 - 18:00
    入場料:
    無料
    主 催:
    財団法人東京都歴史文化財団 トーキョーワンダーサイト
    会 場:
    トーキョーワンダーサイト青山:クリエーター・イン・レジデンス
    アーティスト:
    JENESYSプログラム参加クリエーター(ズオン・カム・ホアン、サムエン・プー、ソポン・ペー、イサ・ロレンツォ ほか)、国内クリエーター制作交流プログラム参加クリエーター(桑原ゆう、村上華子、山本高之) 

トーキョーワンダーサイト青山:クリエーター・イン・レジデンスでは、東京でもクリエーターが多く集まる青山で、国内外の数多くのクリエーターが多くの人に出会い刺激を受けながら創作活動を展開しています。そのプロセスを月に1回「OPEN STUDIO」として一般の方へ開放します。制作の現場であるスタジオで、クリエーターと直接、交流・対話することができます。今回は、JENESYSプログラムより東アジアのクリエーターが5名参加するほか、国内制作交流プログラム参加のクリエーター等約10名のクリエーターたちが参加する予定です。

また、今年度は毎回のオープン・スタジオにあわせて、国内外で活躍する各分野のスペシャリストを招き、ゲストトークを開催します。第2回目の今回は、東アジアのアーティストやアートスペースの現地調査に赴かれたイーデン・コーキル氏、坂野充学氏をゲストに迎え、それぞれのリサーチ活動から現地の状況等をお話いただきます。滞在クリエーターたちも交えたフリートークも行う予定です。
皆様お誘いあわせのうえ、是非ご参加ください!


 

■スケジュール

 14:00-15:00 オープン・スタジオ

 15:00-16:30 ゲストトーク  テーマ:「東アジアから生まれるアート」

           ・ゲスト>イーデン・コーキル(ジャパン・タイムズ編集局学芸部記者)
                坂野充学(映像作家)
 16:30-18:00 オープン・スタジオ


※やむを得ない事情により出演者/時間に変更が生じる可能性がありますので、ご了承ください。
 

 **************************************

<ゲストプロフィール>

■イーデン・コーキル Edan Corkill

1974年生まれ。オーストラリア出身。シドニー大学文学部日本文化学科を卒業後、1997年に来日。「長沢アートパーク・アーティスト・イン・レジデンス事業」、森美術館準備室、森美術館を経て、2007年より『ジャパン・タイムズ』学芸部にて記者として勤務。日本美術をはじめ、文化、文化政策などについて、幅広く記事を書く。また、2000年よりオーストラリア大使館発行の月刊オンライン・マガジン『Japanese Art Scene Monitor』の編集・制作を行う。

 

■坂野充学

1977年 石川県生まれ。東京都在住。
2000年 イーストロンドン大学芸術学部卒業。

ロンドンのアートフィルムを専門とするアーカイブ機関であるLUXにて16mmフィルムエディターとしてのインターンシッププログラム、国内での映像制作・企画演出の経験を経て、2006年より作家活動開始。そのほかアート団体コマンドNメンバーとしての活動、プロジェクトスペースKANDADAの運営、また2008年より出身地である石川県白山市鶴来地区(旧鶴来町)にてTSUKURI TSURUGIプロジェクトを立ち上げ、表現に関わる土着的な情報をインタビューし集積、アーカイブするなどの活動を展開中。

 

==================================

os09_04_7830_web.JPG  os_09_04_7842_web.JPG
os_09_04_7862_web.JPG  os_09_04_7874_web.JPG
os_09_04_7902_web.JPG

TOP