Mail Magazine

 

Past Events

エキジビジョン

レジデンス成果発表展覧会 「TOKYO STORY」

"We all die. Let's talk about the real thing." "What's the real thing?"

  • 会 期:
    2010年04月07日(水) - 2010年05月23日(日)
    休館日:
    月曜日 (5月3日は開館、6日休館)
    時 間:
    11:00 - 19:00
    入場料:
    無料
    主 催:
    公益財団法人東京都歴史文化財団 トーキョーワンダーサイト
    会 場:
    トーキョーワンダーサイト渋谷
    アーティスト:
    海外クリエーター招聘プログラム:
    アバケ(ロンドン)、ラクウェル・オーメラ(メルボルン)、ジュンホ・チョン(釜山)

    二国間交流事業プログラム(招聘):
    ニコラ・ルリーヴル(パリ)、ジョンハン・ヤオ(台北)

    二国間交流事業プログラム(派遣):
    栗林隆(ソウル)

    イベントチラシをダウンロード (439.0 KB)

東京での出会い、そして東京から出発し紡がれた14の物語。
トーキョーワンダーサイト青山:クリエーター・イン・レジデンスで問いかけられた根源的な問い。
私たちはみな死にゆく存在。だから本当のことを話そうじゃないか。
チョン・ジュンホは東京で文楽と出会い、韓国と日本の多くの共通性を見つけていった。欅で彫られたひとの骨は、私たちに目の前にある死を忘れさせまいとし、同時に宗教の不可能性を暴き、一つの大きな問いを投げかける。今このように生きることが難しい時代にこそ宗教は必要なのに、宗教に一体何ができるって言うんだい? そこには不可能性と希望が絡み合う切実な叫びが聞こえてくる。
しかし、そんな問いを軽々とひっくり返してしまうようなÅbake。そんなシリアスな質問にきっとこう問い直してくるだろう。「本当のことって何?」
2006年から始まったトーキョーワンダーサイト青山:クリエーター・イン・レジデンスには、4年間で400人ものクリエーターたちが滞在し、調査、制作を行ってきた。また、毎年様々なアーティスト達が日本を旅立ち、海外でのレジデンスを終え戻ってきた。ここには、そんな根源的なクリエーターたちの問いがある。
2009年から2010年にわたって繰り広げられたクリエーターたちの問いを受け止めてみたい。

本展はTWS渋谷での展示を皮切りに、本郷、青山でも展示が開催されます。
本郷:2010年5月1日(土)-5月23日(日)
青山:2010年4月9日(金)ー5月2日(日)までの間毎金、土、日に今までのレジデントの制作過程や、連携レジデンス施設の資料を一般公開いたします。

S5.JPG
ジュンホ・チョン | Joonho Jeon 《The Creature of Induction》

1_IKnowJOhnLennon2.JPG
アバケ| Åbäke 《I Know John Lennon》
S2.jpg
ジョンハオ・ヤオ | Chung-Hao Yao 《205" SoundWalk in Shibuya》 
nicolas.JPG
ニコラ・ルリーヴル | Nicolas Lelievre 《細い路地》
raquel.jpg
ラクウェル・オーメラ | Raquel Ormella 《Between Varied Tit and Black Kite》
kuribayashi.jpg
栗林隆 | Takashi Kuribayashi  《YATAI TRIP》

 

DSC_1065.JPG
オープニングの様子1
DSC_1055.JPG
オープニングの様子2
DSC_1070.JPG
オープニングの様子3
DSC_1053.JPG
オープニングの様子4
DSC_1040.JPG
オープニングの様子5

TOP