Mail Magazine

 

Past Events

エキジビジョン

「第5回展覧会企画公募」キュレーション・ゼミ開催 講師:クンストハレ・ベルン館長フィリップ・ピロット

  • 会 期:
    2011年01月16日(日)
    時 間:
    14:00 - 16:00
    入場料:
    無料
    主 催:
    公益財団法人東京都歴史文化財団 トーキョーワンダーサイト
    会 場:
    トーキョーワンダーサイト青山:クリエーター・イン・レジデンス
    2011/1/16(日) 14:00-16:00
    キュレーションゼミ 特別講義
    講師:クンストハレ・ベルン館長 フィリップ・ピロット
クンストハレ・ベルンは、1918 年の設立からクレーやジャコメッティなどをはじめ、1968 年にはクリストによる梱包、1969 年にはプロセス・アートという思考を確立することになったハロルド・ゼーマンによる展覧会「態度が形になるとき」など、常に時代に一石を投じる展覧会を開催してきました。今回、2005 年に、若干33 才の若さでその館長に任命され、ヨーロッパのアートシーンの次世代リーダーとして注目される、フィリップ・ピロット氏をお迎えして、これまでの活動などについての貴重なお話をうかがいます。
フィリップ・ピロット | Philippe Pirotte
1972 年ベルギー、アントワープ生まれ。2005 年、若干33 才の若さでクンストハレ・ベルンの館長に就任。着任後は、アフリカや中国のアーティストと多くのコラボレーションをはじめ、2010 年には「アニミズム」に注目した展覧会を行うなど意欲的な活動を行っている。2006 年には曽根裕の個展も開催。教育面でも、アムステルダムのライクス・アカデミーのシニア・アドバイザーを始め、さまざまな芸術、教育機関のアドバイザーを歴任している。
TOP