Mail Magazine

 

Past Events

レジデンス

OPEN STUDIO 2012/10月

  • 会 期:
    2012年10月26日(金) - 2012年10月28日(日)
    時 間:
    13:00 - 18:00
    入場料:
    無料
    主 催:
    公益財団法人東京都歴史文化財団 トーキョーワンダーサイト
    会 場:
    トーキョーワンダーサイト青山:クリエーター・イン・レジデンス
    アーティスト:
    〈国内クリエーター制作交流プログラム〉
    木埜下大祐 (音楽/日本)
    二藤建人 (ヴィジュアル・アート、パフォーミング・アート/日本)
    潘逸舟 (ヴィジュアル・アート/日本)
    Jang-Chi(オル太)(ヴィジュアル・アート/日本)

    〈二国間交流事業プログラム〉
    ネルソン・クレスポ(ヴィジュアル・アート/イギリス)
    スンジ・ユン(ヴィジュアル・アート/韓国)

    〈海外クリエーター招聘プログラム〉
    グスタヴォ・チリアコ(パフォーミング・アート/ブラジル、ポルトガル)
    スッティラット・スパパリンヤ(ヴィジュアル・アート/タイ)

    〈招待作家プロジェクトプログラム〉
    ヌール・アブアラフェ(ヴィジュアル・アート/パレスチナ)
    モハメド・アブデルカリム(ヴィジュアル・アート、サウンド・アート/エジプト)

TWS青山:クリエーター・イン・レジデンスでは、国内外から集まったクリエーターたちが様々な人と出会い刺激を受けながら創作活動を行っています。その制作の現場を一般に公開するイベント「OPEN STUDIO」を開催しています。今回は、 7カ国10組のクリエーターが参加予定です。皆様お誘いあわせのうえ、是非ご参加ください!

<パフォーマンスのご案内>

◆オル太 「ドグウニンゲン」◆

10月26日(金) 12:30~14:00 国連大学前広場 (予定)
10月26日(金) 17:30~19:00
※天候や会場の状態により、パフォーマンス時間の変更、また中止の可能性があります。

◆木埜下大祐パフォーマンス・シリーズ◆

10月26日(金) TWS青山:クリエーター・イン・レジデンス 405
①「20世紀音楽の諸相 Part1」 14:00~
②「20世紀音楽の諸相 Part2」 16:00~

10月27日(土) TWS青山:クリエーター・イン・レジデンス 405
③「Duo Daisetz 現代における伝統1 Part1」 14:00~
④「Duo Daisetz 現代における伝統1 Part2」 16:00~

10月28日(日) TWS青山:クリエーター・イン・レジデンス 405
⑤「Duo Daisetz 現代における伝統2 Part1」 14:00~
⑥「Duo Daisetz 現代における伝統2 Part2」 16:00~

♪ 曲目 / 作曲者
・パラジウム / 佐原洸 ①~⑥
・ヴォイス / 武満徹 ①~⑥
・カサンドラの夢の歌 / ブライアン・ファーニホウ ①~⑥
・ピアノのための12表記 / ピエール・ブーレーズ ①、②
・感謝の歌 / サルヴァトーレ・シャリーノ ①、②
・二つの声部 / ステファノ・ジェルバソーニ ③~⑥
・シャコンヌ / J.S.バッハ ③~⑥
・モノローグ2(世界初演)/ 木埜下大祐 ③、④
・鳥のカタログ第7巻 ⅩⅢ「ダイシャクシギ」 / オリヴィエ・メシアン ③
・「幼子イエスに注ぐ20のまなざし」より第2番「星のまなざし」、第15番「幼子イエスのくちづけ」 / オリヴィエ・メシアン ④~⑥
・モノローグ3(世界初演)/ 木埜下大祐 ⑤、⑥

♪ 出演者
・木埜下大祐(フルート)①~⑥
・中澤沙央里(ヴァイオリン)①~⑥
・三浦万里(ピアノ)①、②
・宮崎明香(ピアノ)③~⑥
◆モハメド・アブデルカリム サウンド&ビデオ・パフォーマンス "The Great Beats" @TWS青山:クリエーター・イン・レジデンス 301
10/27(土)、28(日)17:00~
◆グスタヴォ・チリアコ 「Room of Wonder」パフォーマンス  @TWS青山:クリエーター・イン・レジデンス 308
10/26(金)13:00-13:30, 13:30-14:00,15:00-15:30
10/27(土)、/28(日)13:00-13:30, 13:30-14:00, 15:00-15:30, 17:30-18:00
<参加クリエーター>
川久保ジョイ、木埜下大祐、二藤建人、佐藤晃、神村恵、危口統之、石本華江


ページトップ画像:グスタヴォ・チリアコ 《A room of wonder》 2012
トップバナー画像:ヌール・アブアラフェ 《And the Last Shall be Firstvideo instillation, 2012(Beirut). (c)Ashkal Alwan
TOP