Mail Magazine

 

Past Events

エクスターナルワーク

アーティスト・イン・夕張プログラム

  • 会 期:
    2013年02月20日(水) - 2013年02月27日(水)
    入場料:
    無料 *「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」の入場料は別途
    主 催:
    東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団トーキョーワンダーサイト [東京⇔夕張 自治体間連携モデル事業]
    協 力:
    夕張市、NPO法人ゆうばりファンタ
    アーティスト:
    遠藤一郎、栗林 隆、永岡大輔、松本 力

 

 

昨年夏、公益財団法人東京都歴史文化財団トーキョーワンダーサイトは、東京都の自治間連携モデル事業として、4組のアーティストを夕張に派遣し、様々な市民の方々と交流しながら、夕張を通して現代の課題を探り、プロジェクトを進めました。その4組が、冬の夕張の風物詩「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」にて映像作品を発表いたします。

 

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 オフィシャルHP

 

*映画祭メインビジュアルには、永岡大輔の作品イメージが選ばれました

  夕張映画祭ポスター.pdf

 

*バナーおよびトップ画像 Photo by Rai Shizuno

 

遠藤一郎:1979年 静岡県生まれ

2012年、遠藤一郎チームは、皆の夢を乗せた「未来へ号」バスで沖縄から北海道まで巡り、3.11の際に様々なサポートをくれた世界の方々に向けたメッセージ「→ARIGATO→」を日本列島に描きました。また訪ねた各地で、人々が夢を描いた凧をつないで連凧にして飛ばしています。その全国の人々の夢が、この夏、夕張の空に一斉に上がりました。映画祭においては、その記録の紹介とともに、インドやロンドンの夢もつながれて夕張の空に上がります。

 

→ARIGATO→完成.jpg

遠藤一郎 「→ARIGATO→」(2013)

 

永岡大輔:1973年 山形県生まれ
松本 力:1967年 東京都生まれ

 

 

永岡大輔は、『個人の記憶に残る本』をキーとして夕張で暮らす方々の心の記憶を紡いだ作品「Reconstellation 2012 Yubari」を制作しました。炭鉱夫であった父への回帰を作品の起点とする松本力は、この夏に暮らした宮前町の方々との対話と暮らしの中で育んだ内なるイメージを、未来につないで描いた作品「ユウバリバースデイズ!」を制作しました。二人の作品は、故郷に帰るべく宮前町の商店や銭湯などにも展示公開されています。

 

DSC01456.JPG 

永岡大輔 「Reconstellation 2012 Yubari」(2013)

 

Yubari_chikara_1.jpg

 松本力 「ユウバリバースデイズ!」(You've the Re-verse Days!)(2012)

 

栗林 隆:1968年 長崎県生まれ

生きる「境界線」をテーマに多くの作品を発表している栗林隆は、日本の近代化を支えた長崎・軍艦島、福島、夕張を訪れ制作した「沸点"いまでは過去と未来"」を発表します。さらに栗林は、屋台を広げ人と人とのコミュニケーションを誘発する「ヤタイプロジェクト」を世界各地で展開していますが、この夏、夕張にもこの屋台がお目見えしました。映画祭期間中は、この屋台とともに"シネマキャラバン"が新しい映画空間を開きます。

 

シネマキャラバンオフィシャルHP

 

IMG_1955.jpg

栗林隆 「沸点 "今では過去と未来"」(B.Point "now it's past and future")(2012) Photo: Rai Shizuno

IMG_8933_1.jpg2012夏 夕張にて シネマキャラバンの様子 Photo:Rai Shizuno

TOP