Mail Magazine

 

Past Events

エキジビジョン

TOKYO EXPERIMENTAL FESTIVAL Vol.8 ― TEFサウンド・インスタレーション 第1期

  • 会 期:
    2013年09月28日(土) - 2013年10月20日(日)
    休館日:
    9/30、10/7・15
    時 間:
    11:00 - 19:00
    入場料:
    無料
    主 催:
    公益財団法人東京都歴史文化財団トーキョーワンダーサイト
    会 場:
    トーキョーワンダーサイト本郷
    アーティスト:
    黒田大祐、アンドレア・サンティーニ、吉濱 翔


TOKYO EXPERIMENTAL FESTIVALは日々新しい文化が生まれ、様々な文化が交錯する都市・トーキョーで、実験的な公演・展示を一挙に開催するサウンド・フェスティバルです。
Vol.8となる今回の新たな試みであるTEFサウンド・インスタレーションは、TWS本郷にて、音(サウンド)に対して多種多様なアプローチを取るアーティストの企画を、3組ずつ3期に渡ってリレー形式で実施します。

※公募プログラムの審査員による講評はこちら

-

TEFサウンド・インスタレーション 第2期 ≫

TEFサウンド・インスタレーション 第3期

===================================================================

≪オープニング・トーク≫
日時:9月28日(土)16:00-
ゲスト:杉田 敦氏(公募プログラム審査員 / 美術批評家、女子美術大学教授)

 

黒田大祐 「山あり谷あり」

地図上の、ある2地点を直線で結び、その線上に一定間隔でポイントを定め、そのポイントの等高線から標高を割り出したものを、音符へと変換し作曲する。曲には「山あり谷あり」という歌詞が与えられ、2つの地に関係する誰かがこれを歌う。私はそれを聴き、2つの地の隔たりを長い一枚の絵にする。私の住む所とあなたの住む所は遠く離れていて「山あり谷あり」であるが繋がっているというそれだけのこと。

SI_kuroda_web.jpgのサムネール画像

9月29日(日)15:00-  パフォーマンス (1時間程度予定)
企画:黒田大祐
出演:原 摩利彦(音楽家) www.marihikohara.com

【プロフィール】
1982年京都生まれ。
広島市立大学芸術学研究科博士後期過程修了。彫刻家橋本平八《石に就て》に関する研究で博士号取得。歴史や出来事をモチーフにビデオやインスタレーションを制作している。近年の展覧会に「対馬アートファンタジア」、「ヒロシマオーヒロシマフクシマ」等がある。個人の活動の他に「チームやめよう」を主宰し活動している。

-------------------------------------------------------------------------

アンドレア・サンティーニ 「OSCILLA」

振動から発生するという音のルーツとその視覚化がテーマの双方向型オーディオ・ビジュアル・インスタレーション。投影面に置いた物体の位置や動きが、サイン波発生器の振幅と振動数を制御する一方、生成音の関係は図形描画され、動く「音の絵画」がリアルタイムで描かれる。来場者は和音やハーモニーを変化させ、微分音やうなり音を探求し、音とそれが創り出す図形表現の間の魅力的な関係性を発見できる。

SI_A.Santini_web.jpgのサムネール画像のサムネール画像

9月29日(日)17:00- プレゼンテーション (1時間程度予定)
作家が出展作品「OSCILLA」の仕組みについて解説します。

10月5日(土)14:00- パフォーマンス (30分程度予定)

【プロフィール】
アーティスト、大学講師、研究者。電子音響音楽、ライブ・エレクトロニクス、サウンドアート、ニューメディア、演劇、オーディオ・ヴィジュアルといった分野で活動。クイーンズ大学ベルファストのソニック・アート・リサーチ・センターにおいて、ルイジ・ノーノの空間音楽に焦点を当てた、空間音響とライブ・エレクトロニクスに関する博士課程プロジェクトを完了した。2011年後半からSAEインスティテュート・リュブリャナ校に講師及びアカデミック・コーディネーターとして勤務。また、彼は創造研究グループUBIKteatroの共同創設者で、テクニカル・ディレクターを務めている。
www.ubikteatro.com


後援:

       LOGOUBIKdarkgrey.pngのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像    sae_logo.pngのサムネール画像     PHILIPSWordmark_2008_RGB.jpgのサムネール画像

-------------------------------------------------------------------------

<推奨企画>吉濱 翔 「由来から唄」

自然な状態を求める回帰行動は、気付けば周りにいる沢山の人が行っていて、そこから聴こえてくる音を聴くために制作した作品群。
反対に回帰する声を聴き、自然回帰する行動を行う作品群でもある。
自然な状態とは立つ場所立つ人によって違えど、ほとんどの人が母を求めているようなそんな気がした。

SI_yoshiyama_web.jpgのサムネール画像
 
10月19日(土)19:30- アーティストトーク (1時間程度予定)
ゲスト:畠中 実氏(ICC主任学芸員)、土屋誠一氏(美術批評家)
 
【プロフィール】
1985年沖縄生まれ。沖縄県立芸術大学絵画専攻卒業。
遠い音、小さい音と普段あまり意識することのない音を意識するための作品を絵画、写真、サウンドインスタレーション/パフォーマンスを制作する。
2012年、トーキョーワンダーサイト二国間交流事業にてバルセロナに滞在。
http://syo-yoshihama.tumblr.com/
TOP