Mail Magazine

 

Past Events

エキジビジョン

TWS-Emerging 2016 【第6期】

267 稲川江梨 / 268 赤池千怜 / 269 庄司朝美

banner_part6_web.jpg

  • 会 期:
    2017年01月07日(土) - 2017年02月05日(日)
    休館日:
    1/10・16・23・30
    時 間:
    11:00 - 19:00
    入場料:
    無料
    主 催:
    公益財団法人東京都歴史文化財団 トーキョーワンダーサイト
    会 場:
    トーキョーワンダーサイト渋谷

---------------------------------------------------------------

オープニング・イベント | 1月7日(土)
16:30-18:00 アーティスト・トーク
        ゲスト:山本和弘(栃木県立美術館 シニア・キュレーター)
18:00-19:00 交流会
---------------------------------------------------------------
-

267 稲川江梨 「タヌキ」

私の実家は稲川電気。古い縁起物がひっそりと存在しています。それらは、現実と不思議な世界の狭間に存在しているように感じられます。絵には、現実的ではない空間を、キャンバスの上で成り立たせることで起こる、絵の空間ならではの面白さがあります。この空間に実感をもって描けるモチーフとして、今回は、実家を題材にした作品を展示します。


267inagawas.jpg
《風呂》  2015 油彩、キャンバス


268 赤池千怜 「pathos」

歴史を背負った古びた建造物には魅力を感じる。建造物からは異国の文化、習慣、人々の営みの痕跡、気配が強く感じられるからだ。人は弱く儚い。長い歴史の中で人は常に何かに縛られ時に踊らされてきた。それでも人は慰めを見つけ前を向いてきた。時の流れの中で朽ちていき、そして受け継がれ巡り続ける過去の存在を私は描きたい。


268akaikes.jpg
《アンネ・フランクに捧ぐ》 2015 アクリル、綿布、パネル



269 庄司朝美 「夜のうちに」

私たちが経験する様々な事象は、記録、編集されることで歴史となります。そして人々が一つの時代を共に生きるための手がかりとなる。それは誰かの見た世界を引き継いでいくこと。様々な素材を内面化し、物質を媒介にイメージが呼込まれる瞬間に立ち会うこと。世界を丹念に知覚する為の訓練として制作をしています。


269Shojis.jpg
《15.10.30》 2015 アクリル、鉛筆、クレヨン、ウレタン、紙

TOP