Mail Magazine

 

Upcoming Events

エキジビジョン

黒田大祐 「不在の彫刻史」

OPEN SITE 2017-2018 公募プログラム

kuroda6.jpg

  • 会 期:
    2017年12月09日(土) - 2018年01月28日(日)
    休館日:
    12/11・18・25、12/29~1/3 、1 /9
    時 間:
    11:00 - 19:00
    入場料:
    無料
    主 催:
    公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館 育成支援課
    会 場:
    トーキョーアーツアンドスペース本郷

十代の頃から彫刻家・橋本平八に傾倒していた黒田 大祐は、その思想や表現を研究し、自身の作品に反映してきた。本企画では、橋本平八を起点とした新しい彫刻史を実験的に仮想し、これに連なる黒田の 作品を対置することで、両者の間に横たわる空白 を、あるはずなのに無い「不在の彫刻史」として提 示する。 橋本平八の作品と技術的変遷から、その時代の中で の新しさと特異性を明らかにする映像作品や、彼の 思想や時代性の影響関係について言及した映像作品などに加え、黒田が現代的に平八を解釈して体現する立体作品などで構成されるインスタレーション展示。

kuroda1.JPG
《地風》2016、(撮影:木奥恵三)

kuroda2.jpg
《チョウジガマズミについて》2016

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【プロフィール】

京都府生まれ。「新しい自然の創造」をテーマに、地形や気候などの物理的条件と歴史 などの人間の物語を手掛かりに、ビデオ、彫刻、インスタレーションを制作。近年、東アジアの近代彫刻史 に関心をもち、リサーチを進める。


opensite_web_675x290_part1_rgb.jpg
OPEN SITE 2017-2018に戻る

TOP