Mail Magazine

 

Upcoming Events

エキジビジョン
コンサート

Théâtre Musical Tokyo (TMT)「米田恵子(1912-1992)の作品と生涯について」

OPEN SITE 2018-2019 公募プログラム【パフォーマンス部門】

米田恵子4RGB.jpg

  • 会 期:
    2018年12月21日(金) - 2018年12月24日(月)
    入場料:
    2,000円(予約制)
    主 催:
    トーキョーアーツアンドスペース(公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館)
    時 間:
    12月21日(金) 19:00-
    12月22日(土) 14:00- / 19:00-
    12月23日(日) 14:00- / 19:00-
    12月24日(月・祝) 14:00-
    ※開演1時間前より展示を行います。

    出 演:
    井上郷子(ピアノ)、岡 千穂(サウンド・アーティスト)、小野龍一(音楽家)、河野聡子(詩人)、坂本光太(チューバ)、灰街 令(作曲家・批評家)、馬場武蔵(指揮者)、樋口鉄平(作曲家)、布施琳太郎(美術家)

―戦前に生まれた芸術家、米田恵子(1912-1992)の名と、日本の敗戦を挟んだ激動の時代に彼女の残した特異な作品は、現代までほとんど知られていない。―

本公演ではレクチャーパフォーマンスの形式で、米田のピアノ作品の演奏及び生涯について解説を行うと同時に、彼女の方法論を現代的に解釈し、新たに制作したサウンド・アートやインスタレーションの展示を行う。


関連イベント

アフタートーク
日 時:12月22日(土)14:00-の公演終演後
ゲスト:佐々木 敦(批評家、HEADZ主宰)
出演者:河野聡子、灰街 令、樋口鉄平


出演者プロフィール

tmt_kono_t.jpg

河野聡子(こうの・さとこ)
詩人、ヴァーバル・アート・ユニット「TOLTA」代表。「実験音楽とシアターのためのアンサンブル」メンバー。作品に『地上で起きた出来事はぜんぶここからみている』(いぬのせなか座、2017)、『やねとふね』(マイナビ現代詩歌セレクション、2014)他。「ユリイカ」「現代詩手帖」等に評論や書評の執筆も行っている。

   

tmt_haimachi.jpg

灰街 令(はいまち・れい)
国立音楽大学作曲科大学院修士課程、ゲンロン批評再生塾第4期に在籍。「擬-反復」をテーマに現代音楽を中心とした創作を行うほか、音に焦点を当てた批評を執筆している。

 

 

tmt_baba.jpg

馬場武蔵(ばば・むさし)
指揮者。桐朋学園大学・ベルリン音楽大学を経て現在アンサンブルモデルン(フランクフルト)2018/19期アカデミー生。アンサンブルモデルン、アンサンブルインターフェースをはじめ、ドイツを中心とした現代音楽シーンで活動中。クラングスプーレン、インパルス、クラングヴェルクシュタット、ランドシュピーレ各現代音楽祭に出演。16'アイスラー現代音楽賞1位、18'セントアンドルーズ大学オーケストラ賞受賞。マヌエル・ナウリ、ジョルト・ナジ各氏に師事/助手を務めた。10'-12'アジアユースオーケストラ団員(トロンボーン)。

  

tmt_higuchi.jpg

樋口鉄平(ひぐち・てっぺい)
2013年桐朋学園大学音楽学部卒業。2014年第31回現音作曲新人賞入選。2015年第84回日本音楽コンクール3位受賞。2016年東京藝術大学大学院修士課程修了時に東京藝術大学大学院アカンサス音楽賞受賞。2017年より国立音楽大学大学院博士後期課程に在籍し、創作・研究双方の領域において聴取の「意味」の探求を行っている。

 

 

布施琳太郎(ふせ・りんたろう)
1994年東京都生まれ。東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻卒業。現在は同大学大学院映像研究科メディア映像専攻に在籍。先史時代から現在に至るまでの芸術で用いられるパースペクティブの研究を軸に、今日の情報環境において遍在している「新しい孤独」を様々な形式で肯定している。主な展覧会企画に「ソラリスの酒場」(Bar 333/the Cave、2018)、「新しい孤独」(コ本や、2017)、「iphone mural(iPhoneの洞窟壁画)」など。他、グループ展への参加多数。


プロフィール

2016年10月、坂本光太、馬場武蔵、樋口鉄平の3人の音楽家がベルリンで出会い結成。現メンバーの活動分野は詩、美術、演劇など多岐にわたり、シアター作品の新たな表現を探求している。今までにベルリン、ダルムシュタット、東京などで公演。


_プログラム一覧_  _予約方法
_   スケジュール

TOP