Mail Magazine

 

Upcoming Events

エキジビジョン

霞 はじめて たなびく

ACT (Artists Contemporary TOKAS) Vol. 1

ゲートの原画.jpg

  • 会 期:
    2019年02月23日(土) - 2019年03月24日(日)
    休館日:
    2/25, 3/4・11・18
    時 間:
    11:00 - 19:00
    入場料:
    無料
    主 催:
    トーキョーアーツアンドスペース(公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館)
    協 力:
    イムラアートギャラリー、KAYOKOYUKI
    会 場:
    トーキョーアーツアンドスペース本郷
    アーティスト:
    佐藤雅晴
    西村 有
    吉開菜央


トーキョーアーツアンドスペース(TOKAS)では、これまで公募展や企画展、海外派遣などを通じて、アーティストを段階的、継続的に支援し、またその活動を紹介するプログラムを実施してきました。
本年度より開始するシリーズ「ACT」(Artists Contemporary TOKAS)では、TOKASのプログラムに参加経験のあるアーティストを中心に、今注目すべき活動を行っているアーティストを企画展で紹介していきます。
初回となる本展覧会は、季節の移ろいや風景の移り変わりを身体で感覚的に感じ取り、その経験をとおして世界を捉えなおし、今まで見えていなかった風景を映像や絵画によって浮かび上がらせる作家、佐藤雅晴西村有吉開菜央の3名を紹介します。

■展覧会について

古代中国で考え出された季節を表す方法の一つに七十二候。それぞれの名前は気象や動植物の変化を表す文章になっています。その暦は江戸時代に日本に取り入れられ、暦学者によって日本の風景や気候に合うように一部が書き換えられました。本展覧会が始まる2月下旬は、七十二候で「霞始靆」(かすみはじめてたなびく)と呼ばれています。
冷たく乾燥していた空気が徐々に潤み、遠くに見える景色が霞んで見えるようになります。湿気を帯びた空気が浮遊するちりなどと結合し、光に変化をもたらすからです。今回紹介する3名は、そのようなささやかな日常の変化を身体で敏感に感じとり、レイヤーを重ね、今まで見えていなかった風景を展示空間に浮かび上がらせます。

■アーティスト
佐藤雅晴 |SATO Masaharu

信号機の原画.jpg
《福島尾行》シングルチャンネルビデオ、2018 

実際の風景を映像に撮り、1コマ1コマをパソコン上でトレースし、アニメーションを制作しています。本展では福島の日常を描いた新作の映像インスタレーション《福島尾行》(2018年)を発表。佐藤が癌闘病中に制作した本作は、震災以降、旅で訪れた福島の風景を癌に侵されていく自身の身体と重ね合わせるように取り込み、一部をアニメーション化することで、日常と非日常の境界を曖昧にし、鑑賞者を映像の中の旅へと誘います。

西村有 |NISHIMURA Yu 「TWS-Emerging 2013」参加

2018,factory,oil on canvas,65.2テ・0.3cm.jpg
《factory》油彩、キャンバス、2018

実際にある風景を再現するのではなく、作家自身の日常的な気づきを重ねて「今」を描いています。どこかで見たことのあるような風景や人物、あるいは物語のワンシーンを思わせるような絵画は、空間に展示されることで隣り合うそれぞれの作品との間に、自然と物語が生まれるように構成されます。本展に際して、初春にまつわる新作ペインティングを出展する予定です。

吉開菜央 | YOSHIGAI Nao

04_breathinghouse.jpg
『静坐社』映画、2017

身体的に得られた感覚を映像と音で表し、新たな映像表現を追求しています。2017年の映画『静坐社』は、大正期に流行した心身修養法のひとつである岡田式静坐法を展開していた京都の静坐社で、建物が取り壊される直前に制作。定められた呼吸と姿勢を保ち、腹に力を込めて静かに座る実践にリンクさせ、身体の動きに伴い生まれる音を丁寧に描き出し、普段気づかなかった風景を表出させました。展覧会では鑑賞者の身体と一体となるような映像インスタレーションを発表する予定です。



TOP