Mail Magazine

 

Creator Information

 

ペルットゥ・ハーパネン

Perttu Haapanen

活動拠点:
フィンランド
専門:
音楽

プロフィール

ペルットゥ・ハーパネンはシベリウス・アカデミー(ヘルシンキ、フィンランド)にて、作曲をエリッキ・ヨネキンとパーヴォ・ヘイニネンに師事。2002年に優秀な成績を収めて作曲の学士を取得。2004年にはパリのIRCAMにてエレクトリックミュージックを学ぶ。数多くのフェスティバルで作品が演奏され、リンカーン・センター・グレート・パフォーマー(ニューヨーク)やウルトラシャル(ベルリン)、ウィーン・モデルン(ウィーン)、ISCM、ノルデッィク・ミュージック・デイズ、ムジカ・ノバ・ヘルシンキ、タイム・オブ・ミュージック(ヴィーッタサーリー、フィンランド)がある。2008年以降はタイム・オブ・ミュージック・フェスティバルの芸術監督を務めている。

作品 / パフォーマンスについて

2002年からフリーの作曲家として様々なアンサンブル向けに作曲を行っている。2009年現在、ボーカル音楽と音楽劇場に特に興味を持ち、精力的に活動中。
ソプラノと室内楽団向けの作品「レディース・ルーム」が、2008年「ダブリン作曲家の演壇」の推薦曲として選ばれる。そのほか、主な作品に「オーケストラのための執着の公園」(2009年)、音楽劇場用作品の「プライベートな目の夢」(2008年)、ギター向けの「カリシャス」(2009年)がある。
2009年現在、音楽劇場で行うシンガーとアンサンブル向けの作品を制作中。

 

haapanen_web_solityd8339s.jpg 

haapanen_web_solityd8348s.jpg

haapanen_web_solityd8400s.jpg
いずれも、Chamber Opera "Solity:d" より (Photo: Maarit Kytöharju)

コメント

過去の作品の中で最も重要な作品は男性の合唱団向けの“コーグ”(2000年)です。これは“ウィーン作曲家の演壇”の推薦曲に選ばれました。他は室内オペラの“ソリティー・D”や“サクソフォン協奏曲”などです。
TOP