Mail Magazine

 

Creator Information

 

平子雄一

Yuichi Hirako | ひらこゆういち

活動拠点:
日本
専門:
ファインアート

プロフィール

1982年    岡山県生まれ
2005年    Wimbledon College of Art大学BA (Hons) Fine Art: Painting学部卒業

≪主な個展≫
2011年    TWS-Emerging 169 「庭先メモリーズ:ソング」、TWS本郷、東京
2011年    「トーキョーワンダーウォール2010都庁」東京都庁、東京

2010年    「Yuichi Hirako: 庭先メモリーズ」Gallery MoMo Ryogoku、東京

≪主なグループ展≫
2010年    「群馬青年ビエンナーレ2010」群馬県立近代美術館、群馬
2009年    「シェル美術賞展2009」代官山ヒルサイドフォーラム、東京
2009年    「ワンダーシード2009」トーキョーワンダーサイト渋谷、東京
2006年    「Stepsiblings」Temporary Contemporary、ロンドン、UK

≪主な受賞≫
2012年    「VOCA展2012-新しい平面の作家たち」VOCA奨励賞、上野の森美術館、東京
2010年    「群馬青年ビエンナーレ2010」入選、群馬県立近代美術館、群馬
2010年    「トーキョーワンダーウォール2010公募」トーキョーワンダーウォール賞、東京都現代美術館、東京
2009年    「シェル美術賞展2009」入選、代官山ヒルサイドフォーラム、東京

コメント

庭や街路樹、観葉植物など、私達は「植物」を取り入れた生活空間をさまざまな場面で作り出しています。それは「植物」との共存のようにもとらえられます。しかし、僕たちと植物の力関係が崩れ、この境界線が曖昧になったシチュエーションが存在します。それは制作するうえでの重要なきっかけとなっています。庭先に放置した鉢植えの植物の隙間から育つ雑草であったり、建物を足がかりに蔦を伸ばす植物であったり、家屋を傾けるほど生長した庭木であったり。そのような状況は、僕にとって愉快なのです。このような、「人工物と植物」との関係に擬人的な感覚を意識し、「人と植物」そのものの曖昧な関係に発展させ具現化したものが、作中に登場する人でも植物でもない彼等なのです。
TOP