Mail Magazine

 

Creator Information

 

ミヤギ フトシ

Futoshi Miyagi

活動拠点:
日本
専門:
ヴィジュアル・アート

プロフィール

81年生まれ。2015年にニューヨーク私立大学シティ・カレッジ美術学士号を修了。近年の主な個展に「How Many Nights」(2017年、ギャラリー小柳、東京)、グループ展に「Almost There」(2017年、ヴァルガス美術館、フィリピン)、「あいちトリエンナーレ2016: 虹のキャラヴァンサライ」(2016年、愛知芸術文化センター他)、「六本木クロッシング2016展:僕の身体、あなたの声」(2016年、森美術館、東京)、「日産アートアワード ファイナリスト7名による新作展」(2015年、BankART Studio NYK、横浜)、「他人の時間」(2015年、大阪国立国際美術館、クイーンズランド州立美術館ほか)等がある。

その他、文芸、美術媒体への寄稿も行っている。2017年4月に初小説「アメリカの風景」(文藝2017年夏号)、7月に「暗闇を見る」(文藝2017年秋号)を発表。アーティストランスペースXYZ collectiveの共同ディレクターをつとめる。日産アートアワード2015ファイナリスト。

ウェブサイト:www.fmiyagi.com / www.americanboyfriend.com

作品 / パフォーマンスについて

13_Broken Hourglass.jpg

《Broken Sandglass》、2013、砂時計、グリッター、サイズ可変

15_Flower Names_Video Still.jpg

《花の名前》、2015、シングルチャンネルビデオ、カラー、サウンド、20mins 59secs

16_Y.jpg

《Y》、2016

17_ From the Palace on the Hill.jpg

《From the Palace on the Hill》、2016、デジタルCプリント(3枚組)

17_How Many Nights.jpg

《How Many Nights》、2017、シングルチャンネルビデオ、カラー、サウンド, 37mins 20secs

コメント

2012年に開始した「American Boyfriend」プロジェクトにおいて、物語を主軸に置いた作品を通して「沖縄」「セクシュアル・マイノリティ」というふたつのテーマを探り続けてきた。近年は江戸末期のキリシタンや天正遣欧少年使節について、そして二十世紀を生きた女性たちについても取り上げるなど、どれだけ自分から遠い存在について語り、そして共感できるのかを模索している。映像のほか、写真やオブジェ、ブログ、小説など様々な媒体でプロジェクトを展開する。
TOP