Mail Magazine

 

Creator Information

 

村上滋郎

Jiro Murakami | むらかみじろう

活動拠点:
日本
専門:
ファインアート、インスタレーション

プロフィール

1983 山形県に生まれる
2008 京都市立芸術大学美術研究科絵画専攻油画修了
2006 東北芸術工科大学洋画コース卒業
現在、京都市在住

主な個展
2011 「ノスタルポップチック」白鷹町文化交流センター、山形
2009 TWS-Emerging 「オコタがタワーでキャンピング」 トーキョーワンダーサイト本郷 、東京
2008 「DICE PROJECT003」 roller coaster island magical art room 東京

 

主なグループ展
2011 「京都オープンスタジオ桂」桂スタジオbakehouseとして参加
2010 「トーキョーワンダーウォール10 周年展」東京都現代美術館、東京
     「わくわくKyoto プロジェクト」元・立誠小学校、京都
     「京都オープンスタジオ2010」桂スタジオ、京都
2009 「わくわくJyoban-Kashiwaプロジェクト」旧シネマサンシャイン、千葉
      「PICA3」 アートコートギャラリー、大阪
       「4つのアトリエ」桂スタジオ、京都
2008 トーキョーワンダーウォール公募2008 入賞、東京都現代美術館
     ART AWARD TOKYO 2008  行幸地下ギャラリー、東京
2007 Art Camp2007  Gallery Yamaguchi Kunst-Bau 、大阪

作品 / パフォーマンスについて

個展「ノスタルポップチック」インスタレーション風景、2011
白鷹町文化交流センター、山形


280_roller coaster island001.jpg
《roller coaster island》2011
油彩、アクリル、キャンバス


280_P8273003.jpg
《roller coaster island》 2011
油彩、アクリル、アルミ箔、パネル

コメント

私は「ユニット」をテーマに、作品を創作し続けてきました。 私の考えるユニットとは、単なる集合体ではなく、その集合体をつくる素材の組み合わせや場所、環境によって、様々な異なった感覚が発生し、絶妙なバランスで構成されるもの。ユニットには、そんな感覚が含まれていると考えています。 そして、現実空間に存在しているモノというのは集合体によって成り立っていると考え、構造の仕組みをユニットという言葉に託し、表現を模索してきました。その結果、平面をそのまま描くのではなく、理想ユニットをつくる(思い描く理想の世界を立体に起こした上で、平面に還元する)ようになりました。
TOP