Mail Magazine

 

Creator Information

 

中島伽耶子

Kayako Nakashima

活動拠点:
日本
専門:
ヴィジュアル・アート

プロフィール

2015 年 東京藝術大学美術研究科美術専攻修士課程 卒業

近年の主な展覧会

- 「六甲ミーツ・アート芸術散歩」2017、招待、神戸、六甲山

- 「Sculpture by the sea 2017」2017、グループ展、オーストラリア、パース

- 「ゲンビどこでも企画公募」2016、グループ展、広島市現代美術館

- 「瀬戸内国際芸術祭2016」2016、香川、高見島

- 「越後妻有アートトリエンナーレ大地の芸術祭2015」2015、グループ展、新潟、枯木又集落

受賞暦

- 「ゲンビどこでも企画公募」沢山遼賞

作品 / パフォーマンスについて

Nakajima_1.jpg

《シミと輪郭》、2013、陶器/布/墨汁、サイズ可変

Nakajima_2.jpg

《時のふる家》、2016、民家/アクリル板、サイズ可変、豊永政史

Nakajima_3.jpg

《手による衝動》、2016、ガラスに透明樹脂、サイズ可変

Nakajima_4.jpg

《最後に継ぐ家》、2015、民家/金箔、サイズ可変、豊永政史

Nakajima_5.jpg

《うつりかわりの家》、2013、民家/アクリル棒、畠山崇

Nakajima_6.jpg

《静かに目をむけた》、2012、墨汁/ゴムシート、畠山崇

コメント

私の作品のテーマは、コントロールできない変化、です。 季節のうつりかわり、植物の動き、時間の流れ、人口の移動、産業の変化、価値観の違いなど、私たちの生活は変化の中にある。その変化に人々は翻弄され、しかし利用しながら生活している。私は、コントロールでき ない変化と対峙する人間の姿に興味があり、美しさを感じています。今、興味があるのは台北の住居です。様々なスタイルの住居が増殖するように建ち並ぶ姿は、人々の生命力のように感じられます。今までの滞在制作の経験を活かし、激しい変化を繰り返す台北を、新たな目線で観察したいと考えます。
TOP