Mail Magazine

 

Creator Information

 

杉藤良江

SUGITO Yoshie | すぎとうよしえ

活動拠点:
ドイツ
専門:
ヴィジュアル・アート

プロフィール

1985年愛知県生まれ、現在ベルリン在住。2013年ブラウンシュヴァイク美術大学マイスターシューラー過程修了。2009年武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒業。 近年の主な展覧会に「Glas Herz Fenster」, Il Caminetto (2018年、ハンブルク)、「Peach Boy - Melon Girl」, Mathilde Hatzenberger ギャラリー (2017年、ブリュッセル) 等がある。2016年 トーキョーワンダーウォール賞受賞。

作品 / パフォーマンスについて

1杉藤良江_CUTTING.png
《CUTTING//》、2016年、布、糸、漂白剤、接着剤、染料、ペンキ、 162x130cm

2杉藤良江_Kikori20.png
《Kikori20》、2016年, 布、糸、漂白剤、接着剤、染料、ペンキ、67x50cm

3杉藤良江_Kikori18.png
《Kikori18》、2016年, 布、糸、漂白剤、接着剤、染料、ペンキ、 63x53cm

4杉藤良江_Peach Boy - Melon Girl.png
《Peach Boy - Melon Girl》、2017年、紙、インクジェットプリント、インク、漂白剤、27.5x19cm

5杉藤良江_Peach Boy - Melon Girl.png
《Peach Boy - Melon Girl》、2017年、紙、インクジェットプリント、インク、漂白剤、スプレー、46x38cm

6杉藤良江_Peach Melon Girl Boy01.png
《Peach Melon Girl Boy01》、2017年、 布、糸、漂白剤、接着剤、ペンキ、 147.5×99.5cm

コメント

日常行為の中にある造形的瞬間やイメージの発生について常に探っている。制作の繰り返しのプロセスの中でイメージの意味の捻じ曲がりや歪みが現れてくる。そうしたものの発見や展開が、私の表現の基盤となっている。近年は、昔話や民話など、古くから伝承されてきた物語をモチーフとして扱っている。同一の物語が時々の社会背景や異なる文化の中で様々に解釈され、オリジナルから逸脱していく課程に興味を持っている。制作する過程で出てきた連続する記号イメージが他の要素と関係し合い、物語は一人歩きを始め、展開していく。
TOP