Mail Magazine

 

Creator Information

 

瀧 健太郎

Kentato Taki | たきけんたろう

活動拠点:
日本
専門:
ヴィジュアル・アート、パフォーミング・アート

プロフィール

1973年生まれ。1996年に武蔵野美術大学大学院映像コース修了。2002年 文化庁派遣芸術家在外研修員としてドイツ/カールスルーエのZKM内の美術大学HFG-Karlsruheにてヴィデオ/メディア芸術の研究。 2003年ポーラ芸術振興財団在外派遣芸術家として同上施設で研修。
グループ展に〈TOTAL CITY〉(2012年、バレンシア現代芸術院、スペイン)、〈Les Instant Video2013 : 50 ANS D'ARTS VIDÉO〉(2013年、マルセイユ/フランス)、〈ヴィデオアート・プロムナードin阿佐ヶ谷〉(2015年、阿佐ヶ谷駅周辺、東京)、(2015年、京都、MORI YU Gallery)、〈再生運動 デジタル世代の反証的技術〉(2016年、台湾国立美術館、台中)、個展上映に〈瀧健太郎ヴィデオ・コラージュ/パズル〉(2014年、アップリンク・ファクトリー、東京) がある。

作品 / パフォーマンスについて

1.bildmuell10-ktaki-2016-web.jpg
《浸食 ビルトミュル#10》
2016年、家電ごみ、スピーカー、PC、プロジェクター

2.bildmuell8-ktaki-2013-web.jpg
《菌糸 ビルトミュル#8》
2013年、家電ごみ、スピーカー、PC、プロジェクター

3.teacorner_2015-web.jpg
《Tea Corner》
2015年、プロジェクター

4.comeandgo-ktaki-2015-pweb.jpg
《Come and Go》
2015年、モバイル・プロジェクション・パフォーマンス、30分

5.ManwithVP-ktaki-2016-web.jpg
《A Man with a Video Projector》
2016年、モバイル・プロジェクション・パフォーマンス、30分
写真:Videoformes

6.invitation-kTaki_2011-web.jpg
《Invitation#2》
2011年、プロジェクター、DVD再生機

7.videosymphonia-ktaki-2015-web.jpg
《ヴィデオ・シンフォニア》
2015年、ヴィデオ、5分

8.LivingintheBox-ktaki-2007-web.jpg
《リヴィング・イン・ザ・ボックス》
2007年、液晶モニタ、ブルーレイ再生機

コメント

これまでヴィデオやメディアを扱った映像作品や造形を手掛け、イメージと場の断片を集合化させ、掛け合わせる方法を試みてきました。イメージや場が、体系的にもつ記号性・意味・慣例・隠喩を、お互いにぶつけることで新しい意味と現実感を生成する実験を行っています。これにより都市における物理的過剰さ・情報の過剰摂取と、その逆の状態、空虚さと情報化されない不在性に注目し、現代社会の極端な二つの様態とその複雑なヴァリエーションについて批判的な視点を取ります。
TOP