Mail Magazine

 

News Topics

2009年01月16日 トピックス

国際シンポジウム「パブリック・ドメイン収蔵品資料の活用へ向けて」開催のお知らせ

※終了しました。

パブリック・ドメイン収蔵品資料の活用へ向けて
―美術館・博物館収蔵の映像資料のフェア・ユースを考える―
Bridging the IP Gap: Realistic Models for Promoting Universal Access
to Human Knowledge and Creativity
   
開催趣旨およびプログラム案は下記サイトをご覧ください。
http://museum.dmc.keio.ac.jp/symposium2009/

□日時:2009年1月24日(土)、25日(日) 9時30分~18時00分

□会場:慶應義塾大学三田キャンパス、北館

□定員:240名(参加無料)

□言語:日米同時通訳あり

□参加申し込み方法:
件名:『パブリック・ドメイン収蔵品資料の活用へ向けて』参加申し込み
お名前、ご所属、連絡先(電話およびE-mail)をお書きの上、下記までお申し込みく
ださい。
E-mail: mccp[at]ml.dmc.keio.ac.jp
*[at]を@に変換してお申込みください。

□お問い合わせ先:慶應義塾大学DMC機構 担当 山村・加藤
   電話:03-5418-6432 (代表)

□主催:慶應義塾大学DMC機構

□助成:国際交流基金日米センター

□後援:アメリカ大使館、フランス大使館、駐日韓国大使館 韓国文化院、
   カナダ大使館、日本ミュージアム・マネジメント学会、全日本博物館学会、日本展示
   学会、アート・ドキュメンテーション学会、財団法人日本博物館協会

□協力:東京都歴史文化財団トーキョーワンダーサイト、オリンパス株式会社未来創
   造研究所、株式会社文化環境研究所、早稲田システム開発株式会社、
   株式会社BCCKS

TOP