Mail Magazine

 

News Topics

2009年07月23日 トピックス

活動開始&一般公開します!  協働スタジオプログラム 若手交流ワークショップ4

※終了しました。多くの方にご参加いただきありがとうございました。

 

10日間という限られた時間の中、国籍やジャンルを超え若手クリエーターがリサーチ・対話のプロセスを共にしながら環境への提案を行うワークショップ、「協働スタジオプログラム 若手交流ワークショップ4」がいよいよ活動をスタートします!
そこで、参考となる情報、リサーチやさまざまな情報交換を経て得られた成果やそこに至るまでの過程、それぞれ異なる立場から環境と関わる魅力的なゲスト陣からのレクチャー、そして総勢40名のクリエーター&参加者による成果発表の最終プレゼンテーションなどを実施するなか、そのうちの一部を一般公開いたします。

1日単位で聴講が可能です!ご都合に合わせてご参加ください。ぜひこの機会をお見逃しなく!

 

■■■ 一般公開プログラム聴講ご希望の方 ■■■

事前予約は不要です。当日、会場(トーキョーワンダーサイト青山)まで直接お越しください。

 

■協働スタジオプログラム 若手交流ワークショップ4
 「アートと環境との対話」
 会期:2009年7月24日(金)~8月2日(日)
 入場料:無料
 会場:TWS青山:クリエーター・イン・レジデンス MAP
 主催:財団法人東京都歴史文化財団 トーキョーワンダーサイト
 協力:ロンドン芸術大学、国際交流基金(JENESYS Programme)、PMI2 Connect

======================================

【一般公開プログラム】  ※逐次通訳あり

■7/24 (金) 18:00-20:30 
チュータープレゼンテーション
ワークショップの基調講演として、チューターがそれぞれのクリエーションのきっかけや環境との関わりについてお話しします。

<チューター>
 ・クリス・ウェンライト(ロンドン芸術大学
             キャンバーウェル、チェルシー、ウィンブルドンカレッジ学長)
 ・一柳慧(作曲家、ピアニスト)
 ・津村耕佑(武蔵野美術大学 造形学部空間演出デザイン学科教授、
         「FINAL HOME」ディレクター)
 ・渡邉康太郎(「takram design engineering」デザインエンジニア)
 ・今村有策(トーキョーワンダーサイト館長)
 ・家村佳代子(トーキョーワンダーサイト事業課長) 
 ・宋冬/ソンドン(アーティスト) 

■7/25 (土) 15:00-17:00 
宋冬/ソンドン(アーティスト)レクチャー
自身の父親の死をきっかけとして、母親との関係を掘り下げるという個人的なテーマを掲げながら、中国現代社会の諸事象を強く喚起する作品「Waste Not /物尽其用」をメインにお話しします。

■7/26 (日) 15:00-17:00 
田中浩也(デザイン・エンジニア、デザイン・サイエンティスト)&柄沢祐輔(建築家)
レクチャー
デバイスや表現メディアが日々進化する中、クリエイターはどのように環境を思考し、新たなものを生み出していくべきなのか。異なるジャンルで活躍する若手お二人を招いてのトーク。

■7/30 (木) 19:30-21:00
小黒一三(月刊「ソトコト」編集長)レクチャー
雑誌「ソトコト」立ち上げからの変遷や現在最も力を入れているプロジェクト、また、ビジネスと環境問題など様々な角度からお話しいただきます。

■8/2 (日) 13:00-18:00
最終プレゼンテーション
10日間のワークショップの成果を参加者が様々な表現メディアで発表し、チューターが講評を行います。 
 

※全体スケジュールなど、最新情報はTWS青山「イベント情報ページ」をご覧ください。

TOP