Mail Magazine

 

News Topics

2009年10月15日 トピックス

ワークショップ参加者募集! 10/23・24・25 OPEN STUDIO 2009_06 

今月のOPEN STUDIOは、3日間の拡大版で実施します!
青山周辺で活動する「青山コモンズ- 都心の里山学校 -」と連動し、現在TWS青山:クリエーター・イン・レジデンスに滞在しながら作品制作をしている、「国内クリエーター制作交流プログラム」参加アーティスト4名によるワークショップを開催します。
お子様から大人まで楽しめるプログラムが目白押しですので、ぜひご参加ください!

 

参加費:無料
申込み方法:お名前、連絡先、申込人数、下記の参加希望のイベント名を明記のうえ、
        TWS青山へFAX:03-5766-3742、もしくは、
        E-mail:contact@tokyo-ws.org にてお申し込みください。
主催:財団法人東京都歴史文化財団 トーキョーワンダーサイト

【ワークショップ内容】
 
■2009年10月24(土) 12:00~14:00 

ワークショップ1: 「本当のウソをつく -山のおばけを描こう編」

「青山は昔、山でした。昔、山にいたおばけのおはなし・・・」そんな架空のものがたりを
もとに、そこに登場する想像上のお化けを、イメージして実際に描いてみるワークショップ。これまで、架空の人物の展覧会をつくることで作品制作を行ってきたーティストが、今回は想像のものがたりを作り、そこに登場するお化けを子どもたちに描いてもらいます。子どもたちは、想像力を働かせ、自分たちのものがたりを紡ぎだします。

対象:小学生 (親子での参加も歓迎)
定員:約 20 名
会場:地球環境パートナーシッププラザ(GEIC)ライブラリー
アーティスト:村上華子 

 

■2009年10月24日(土) 14:00 ~15:30

ワークショップ2: 「ことば=おとあそび -音であいさつ-」

世界のあいさつや言葉を音で表現するワークショップ。鍵盤ハーモニカで演奏しながら、
作曲家の音楽づくりの過程をみんなで体験しませんか?
楽譜から離れた自由な音楽表現によって、子供たちの創造力・コミュニケーション力を
高めます。子供から大人まで楽しめる、作曲家による音あそびワークショップです。

対象:小学校低学年~大人まで (親子での参加も歓迎)
定員:約 20 名
会場:国連大学 中庭  ※雨天の場合は内容を変更し、屋内で実施します。
アーティスト:桑原ゆう
※鍵盤ハーモニカをお持ちの方はご持参ください。お持ちでない方にはこちらでご用意いたします 。

 

■2009年10月25日(日) 11:00 ~13:00

ワークショップ3: 「空中ドローイング」

「どうして空だけポカーンと広く、何もないのだろう?」アーティストが子どもの頃に抱いた
素朴な疑問から生まれたワークショップ。
空飛ぶ風船を使ったり、落ち葉や、トイレットペーパーを高く投げたり・・・。
それぞれの手段で大空に絵を描いてみよう。

対象:となたでも
定員:約 20 名
会場:国連大学 中庭  ※雨天の場合は内容を変更し、屋内で実施します。
アーティスト:荒神明香

 

■2009年10月25日(日) 12:00~14:00

ワークショップ4: 「みがきッコ」

休日の風物詩とも言えるお父さんたちの習慣である「洗車」。そんな洗車という小さな
日常行為がスペクタクルなイベント(出来事)に!
魅力的なマシーンを用いて、洗車パフォーマンスを行います。
楽しみながら「働くこと」の意味を問い直してみませんか?

対象:小学校低学年~大人まで
定員:約 10~15 名
会場:国連大学 中庭  ※雨天の場合は内容を変更し、屋内で実施します。
アーティスト:山本高之

 

 

※「青山コモンズ - 都心の里山学校 -」とは・・・・
青山コモンズは、トーキョーワンダーサイト(TWS)、国連大学(UNU)、地球環境パートナーシッププラザ(GEIC)、青山学院大学、NHKが中心となり、青山周辺で活動する様々な他分野の文化機関やコミュニティとの連携をはかりながら、新たな芸術・文化・環境・地域活動を発信していくプラットフォームです。協働・地域力・関わりをキーワードに、ファーマーズマーケットやオープンカフェ、若者が積極的に参加できるようなワークショップなど、人々が集い様々な活動が可能な場所づくりを提案しています。

 


当イベントの詳しい情報はこちら 

TOP