協働スタジオプログラム4 「アートと環境との対話」 参加者募集中!

協働スタジオプログラム4 「アートと環境との対話」 参加者募集中!

※募集は終了しました。多くのご応募ありがとうございました。

 

ジャンルを超えてリサーチ・対話のプロセスをともにしながら、環境への提案を行う10日間のワークショップ
 
協働スタジオプログラムとは?

トーキョーワンダーサイトが2006年度から始めた、レジデンス施設を利用したプログラム。あるテーマに基づいて、国内外の第一線で活躍する数名のチューターを招聘し、約30名のクリエーターが1週間ほどのワークショップやレクチャーを通して交流しながら制作を行い、「協働による知の地平」を開くことを試みます。最後にはその成果を発表し、講評会を公開します。クリエーターが社会の課題へ取り組むことの重要性を認識し、ジャンルや国籍の異なるクリエーターと協働して課題に挑む可能性を探ります。
第4回目の開催となる今年は、ゴミをテーマに、東京都内のゴミ・リサイクルに関わる施設へのアウトドアリサーチ、実践的に課題へ取り組むクリエーターによるワークショップ、研究者・政策担当者などによるレクチャーなどを通してグループワークを行い、個人またはグループで最終プレゼンテーションを行っていただきます。

【概要】
会期:2009年7月24日(金)~8月2日(日) 
会場:トーキョーワンダーサイト青山
主催:財団法人東京都歴史文化財団 トーキョーワンダーサイト

【チューター(順不同)】
クリス・ウェンライト (ロンドン芸術大学キャンバーウェル、チェルシー、ウィンブルドンカレッジ学長)
一柳慧      (作曲家、ピアニスト)
津村耕佑     (武蔵野美術大学 造形学部空間演出デザイン学科教授、
                    ファッションデザイナー、FINAL HOMEディレクター)
渡邉康太郎   (takram design engineering)

今村有策     (トーキョーワンダーサイト館長)
家村佳代子   (トーキョーワンダーサイト事業課長)  
ほか
 
※チューターには①オリエンテーション、②チュータープレゼンテーション、③中間プレゼンテーション、④最終プレゼンテーションにて、参加者から提案されたプロジェクトへの講評をいただきます。

※スケジュールの詳細は場合により変更となる可能性があります。参加希望者には決定次第お知らせいたします。
※協働する作業は、TWS青山:クリエーター・イン・レジデンスのスタジオをベースに行っていただきます。

詳細・最新情報
こちらのページをご覧ください。

 

【応募について】
・参加費無料。交通費などの実費は各自ご負担いただきます。
・ジャンル不問。アートに限らず、音楽、環境、経済などの多様な分野から、本プログラムに関心を持ち積極的にアプローチしてくださる方のご参加をお待ちしております。
・レクチャーは原則として英語で行われます。日本語のレクチャーには通訳あり。
 
【お問合せ・お申込】
※終了しました
ご氏名、ご連絡先(電話番号およびE-mailアドレス)、所属(学校団体名など)、参加動機、簡単な経歴をご記入のうえ、下記まで E-mail にてお申し込み下さい。
トーキョーワンダーサイト青山
TEL:03-5766-3732 FAX:03-5766-3742 E-mail:contact@tokyo-ws.org

 

■■■説明会開催のお知らせ■■■  

※終了しました
本プログラムについての説明会を開催します。
ご関心をお持ちの方は、是非ご来館ください。

日時:2009年7月11日(土)12:00~13:00
会場:TWS青山

お問い合わせは、担当:芦部まで(03-5766-3732/contact@tokyo-ws.org

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 

ページの先頭へ