平成23年度二国間交流事業<バルセロナ>派遣クリエーター公募

平成23年度二国間交流事業<バルセロナ>派遣クリエーター公募

※応募受付を終了いたしました。ご応募ありがとうございました。


トーキョーワンダーサイトでは、海外の都市や文化芸術機関と提携し、各分野で活躍するクリエーターの支援育成と各都市と東京間の文化交流を促進するため、双方向にクリエーターを派遣・招聘する文化交流事業「二国間交流事業プログラム」を行っています。

このたび、平成23年度プログラムとしてバルセロナへ約3か月間派遣するクリエーターを公募します。

■バルセロナ‐東京 二国間交流事業

アンガールは、1997年にアートプロダクションとリサーチのサポートを目的にカタロニア州ヴィジュアル・アーツ・アソシエーション(AAVC)によって設立されました。バルセロナ市内にある工業用建物を再利用した施設で、1800m2 の敷地に15のスタジオ、メディアラボ、2つのフィルムセットを備える他、機材レンタルサービス、常駐のメディア系技術スタッフによるサポートが整っています。本年度の交換プログラムでは、ヴィジュアルアートの分野で活躍するクリエーターを対象に、アンガールで滞在制作を行います。

・派遣期間:平成23年11月中旬~平成24年2月中旬

・募集対象:ヴィジュアルアート

・募集人数:1名

・締め切り:平成23年6月20日(月)(郵送必着)

・派遣先:アンガール(Hangar URL: http://www.hangar.org/drupal/

・応募パッケージダウンロード : 応募パッケージ_バルセロナ.zip  

PG115_32.sized.jpg

アンガール・スタジオ内の様子

PG115_35.sized.jpg

チラシをダウンロード (223.7 KB)

ページの先頭へ