アンサンブル・モデルン&トーキョーワンダーサイト アカデミーVol.6 「ジョン・ケージ 一柳 慧 鈴木大拙」受講生募集中!

  • トップ >
  • アーカイブ >
  • 公募 >
  • アンサンブル・モデルン&トーキョーワンダーサイト アカデミーVol.6 「ジョン・ケージ 一柳 慧 鈴木大拙」受講生募集中!

アンサンブル・モデルン&トーキョーワンダーサイト アカデミーVol.6 「ジョン・ケージ 一柳 慧 鈴木大拙」受講生募集中!

※演奏コース/作曲コースの応募は締切りました。
※ヴィジュアルアート/パフォーミングアート・コースにつきましては、詳細が決まり次第、当ページで公募のご案内をいたします。


新しい表現に意欲的な方からの応募をお待ちしております!

<プログラムについて>
現代の音楽創造の最前線に立ち続けるアンサンブル・モデルン(EM)との協働プロジェクト「アンサンブル・モデルン&トーキョーワンダーサイト アカデミー」は、EMが1980 年の結成以来培ってきた経験を次世代の音楽家たちに伝える教育の場であると同時に、トーキョーワンダーサイトがEMとともに現代の音空間の創出に取り組む実験的な場となっています。音楽とアートの境界が薄れつつある今日、現代音楽の担い手にはマルチ・メディアな表現能力が求められるようになっています。そこでアカデミーでは今回(Vol.6)、アジアを代表するクリエーターを講師に招き、これまでの演奏/ 作曲コースに加えてヴィジュアルアート/ パフォーミングアート・コースを新設します。内容も「東洋×西洋の新しい伝統へ向けて」というこれまでのテーマから更に踏み込み、ジョン・ケージ、一柳慧、仏教哲学者・鈴木大拙の3 名にスポットを当て、西洋芸術文化の流れを汲む現代音楽に対して東洋的な思想や表現手法が与えた影響を、レッスン、レクチャー、ワークショップを通じて多角的に考察していきます。最終的には2013 年12 月開催予定のVol.7 での新しいミュージック・シアターの上演を目標に、様々なアーティストとともにマルチメディアな音空間の創出と表現に取り組む画期的なプログラムです。

*****************************************
【募集概要】

<アカデミー日程>
 2013年3月24日(日)~30日(土) 
 ※日程が上記に変更されましたので、ご注意ください。(2013年1月10日) 

<募集コース>
 ●演奏コース(管・弦・打楽器/ピアノ/民族楽器・伝統楽器等)
 ●作曲コース
 ●ヴィジュアルアート・コース(予定)
 ●パフォーミングアート・コース(予定)

<募集期間>
 ●演奏コース、作曲コース:2013年12月28日(金)~1月29日(火)
  ※詳しくは募集要項をご確認ください。
 ●ヴィジュアルアート、パフォーミングアート・コース
  ※応募方法は募集要項が決まり次第、当ホームページで発表いたします。
   
<講師>
 ●ディートマー・ウィズナー(フルート奏者/アンサンブル・モデルン)
 ●ウエリ・ヴィゲット(ピアニスト/アンサンブル・モデルン)
 ●小川留美(打楽器奏者/アンサンブル・モデルン)
 ●ミヒャエル・カスパー(チェリスト/アンサンブル・モデルン)

 ●一柳 慧(作曲家、ピアニスト/TWSミュージックプログラム・スーパーバイザー)

  ●ジュンホ・チョン、ギョンウォン・ムン(ヴィジュアルアーティスト)
 ●ダニー・ユン(予定)(香港現代文化研究所代表、アート集団ズニ・イコサヘドロン創設者/演出家)

<内容>
 個人またはグループレッスン、レクチャー、シンポジウム、ワークショップ、講師によるプレゼンテーションなど。

<応募申込方法>
 下記のファイルをダウンロードし、募集要項をご確認のうえお申し込みください。
   ※受講申込書はAdobe Readerを使用して、タイピングで記入してください。

 ●応募要項 ≫ academy_vol6_guideline_jp.pdf 

 ●受講申込書 ≫  academy_vol6_form.pdf 

※アンサンブル・モデルンによるレッスンは英語で行われます。
※一部のプログラムは一般公開されます。
※応募に際して、経歴、国籍、年齢は問いません。
※原則として全日参加を条件とします。参加できない日がある場合は、受講申込書に明記してください。
※内容はやむを得ず変更になる場合がございます。
※プログラムの詳細は決まり次第、当ホームページで発表いたします。
 
<お問い合わせ先>
 performingart12@tokyo-ws.org
  ※ご質問はメールでのみ受付いたします。

*****************************************

【講師プロフィール】
アンサンブル・モデルン(Ensemble Modern)
1980 年創設。1985 年からフランクフルトを本拠地として活動している世界最高峰の現代音楽グループ。メンバーは、アルゼンチン、ブルガリア、インド、日本、スイス、ドイツ、イスラエル、ポーランドなど、世界各国から集まった19 名のソリストたちで構成され、芸術監督を置かず、メンバー全員によって芸術面、運営面等を決定している。シアターピースや、ダンスプロジェクト、ビデオ、室内楽、オーケストラなど様々なかたちで活動し、フランク・ザッパ、ハイナー・ゲッペルス、スティーヴ・ライヒ、ビル・ヴィオラなど世界的なアーティストと密接な共同作業を行っている。毎年およそ100 回の演奏会、平均20 作品の世界初演を行うとともに、若い音楽家のための独自の教育活動にも積極的に取り組んでいる。

一柳 慧(Toshi Ichiyanagi)
1933年兵庫県生まれ。 作曲を平尾貴四男、ジョン・ケージ、ピアノを原智恵子、ヴィヴェレッジ・ウェブスターらに師事。 1950年代後半からニューヨークを中心に、ケージ、デヴィッド・テュードアらと実験的音楽活動を展開。1961 年帰国、偶然性や図形楽譜を用いた作品と、欧米の新しい音楽の紹介と演奏によって、さまざまな分野に強い刺激を与える。 常に日本音楽界の中心として活動を続け、これまでに尾高賞を4 回、フランス文化勲章(1985)、毎日芸術賞(1988)、京都音楽大賞(1988)、紫綬褒章(1999)、サントリー音楽賞(2002)など受賞多数。 作品はオペラ、交響曲、協奏曲、電子コンピューター音楽、雅楽、聲明など多岐にわたっており、ベルリン・フェスティバル、ウィーン・モデルン、オランダ・フェスティバル、フィンランド・フェスティバルからの委嘱や招聘も数多く受けている。 現在、神奈川芸術文化財団芸術総監督、アンサンブル・ニュー・トラディション総合ディレクター、トーキョーワンダーサイト・ミュージックプログラム・スーパーバイザーなどを務める。 2008 年、文化功労者。

*****************************************

過去のアカデミー実施概要については、こちらをご参照ください。

ページの先頭へ