インターナショナル・アンサンブル・モデルン&トーキョーワンダーサイト アカデミーVol.6「ジョン・ケージ 鈴木大拙 一柳 慧」ヴィジュアルアート、パフォーミングアート・コース参加者募集!

  • トップ >
  • アーカイブ >
  • 公募 >
  • インターナショナル・アンサンブル・モデルン&トーキョーワンダーサイト アカデミーVol.6「ジョン・ケージ 鈴木大拙 一柳 慧」ヴィジュアルアート、パフォーミングアート・コース参加者募集!

インターナショナル・アンサンブル・モデルン&トーキョーワンダーサイト アカデミーVol.6「ジョン・ケージ 鈴木大拙 一柳 慧」ヴィジュアルアート、パフォーミングアート・コース参加者募集!

現代の音楽創造の最前線に立ち続けるアンサンブル・モデルン(EM)との協働プロジェクト「アンサンブル・モデルン&トーキョーワンダーサイト アカデミー」は、EMが1980 年の結成以来培ってきた経験を次世代の音楽家たちに伝える教育の場であると同時に、トーキョーワンダーサイトがEMとともに現代の音空間の創出に取り組む実験的な場となっています。

今回よりアジアを代表するクリエーターを講師に迎え、ヴィジュアルアート、パフォーミングアートのコースを開設します。本アカデミーはマルチメディアなアカデミーとして、ジャンルを超えたアーティストたちが全員でテーマを掘り下げ、創造のプロセスを重ねることで、新しい表現を生み出すことを目指します。

----------------------------------------------------------------------------------

募集概要

【テーマ】 
「ジョン・ケージ×鈴木大拙×一柳 慧」
それまでの伝統を壊し、新しい探求と創造への試みが行われた戦後のアートの流れにおいて、ジョン・ケージが鈴木大拙による禅と出会い、音楽の地平を解放したことは、様々な芸術の分野に影響を及ぼしただけでなく、生き方そのものの大転換を提示しました。一方、鈴木大拙は、「禅」が新しい世界的文化の中でひとつの役割を担い、人間存在のより深い試みとなるよう、世界に広く説きました。そしてNYでケージと活動をともにした一柳は、帰国後、前衛的活動を繰り広げると同時に、日本古来の文化と伝統的な時空間から新しい表現を生み出しました。世界的経済危機、ジャスミン革命、3.11と、世界が大きな価値の転換を要する今、アートや音楽には何が求められているのか?いま必要とされている実験的創造とはなにかを多角的に考えます。

【会期】
2013年3月24日(日)~30日(土)

【募集コース】
ヴィジュアルアート・コース / 講師:ジュンホ・チョン、キョンウォン・ムン
パフォーミングアート・コース / 講師:ダニー・ユン

レクチャー、ワークショップ、メンタリングを通して、講師や他の受講者と自身の活動や作品について意見を交換します。

【応募資格】
・現代美術、舞台芸術の分野で活動している方。アーティスト(ヴィジュアル、サウンド、メディア等)、パフォーマーなど。
・自身の制作活動について支障なく意思疎通できる程度の英語力を有する方。

※詳細はアカデミー募集要項をご覧ください。


----------------------------------------------------------------------------------

応募方法

募集要項をご確認の上、応募申込書・資料をご郵送ください。応募者多数の場合は書類選考をさせていただきます。
※申込書はAdobe Readerを使用して、タイピングで記入してください。

応募締切:3月4日(月) ※郵送必着


----------------------------------------------------------------------------------

お問い合わせ

E-mail: academy12@tokyo-ws.org



ページの先頭へ