第8回展覧会企画公募

第8回展覧会企画公募

応募受付を終了いたしました。 

たくさんのご応募ありがとうございました。

展覧会の企画を志し活動している若手への支援・育成を目的とし、展覧会企画そのものを公募するプログラム「展覧会企画公募」を開催します。選出された企画はトーキョーワンダーサイト(TWS)が支援し、TWS本郷にて展覧会を実施する機会を得ます。

今、私たちは大きな転換期を迎え、文化芸術やアートの担い手としてのミッション、展覧会を開催する意味...これまで当然とされ省みることの無かった、あらゆる事象を根本から再考する局面に立っています。多様性を帯び流動的なグローバル社会では、価値基準や情報への関わり方も変容し、改めて「キュレーション」という行為が見直されています。また、芸術作品をモノとしてではなく、活動そのものやプロセスをアートとして提示し、リアリティを追求する動きも顕著に見受けられます。

《現在求められている展覧会企画とは?》新しい表現の可能性のみならず、展覧会という表現の場を通していかに社会へコミットし、新たな協働の地平を開いていけるか。TWSは、これまでの「展覧会」という枠組みを再考し、積極的に展覧会とはどのような場であるかをともに考え、共に試行していく企画を募集します。新しい発想とエネルギーに満ちた企画の提案をお待ちしております。 

=====================================================

募集内容
トーキョーワンダーサイト(TWS)本郷で実施する展覧会の企画案。1人(組)1企画。


支援内容
・ 企画実施期間中、TWS本郷の展示室を提供します。
・ 広報・宣伝の一部を協力します。(チラシ作成、TWSウェブサイト掲載、メールニュース配信、プレスリリースの送付等)
・ 展覧会の制作費として40万円の支援をします。(源泉徴収税率は、国内居住者10.21%、海外居住者20.42%とします。)


展覧会開催日程 (予定)
下記期間のいずれかとなります。
・ 2015年1月24日(土)~2月22日(日)
・ 2015年2月28日(土)~3月29日(日)
(搬入・設営期間3日、搬出期間1日)


応募資格
下記のすべてに該当する方。
・ 応募者は2015年3月末の時点で40歳以下であること。
・ 応募者を責任者とし、展覧会の開催・実施から、撤去に至るまで責任を持って遂行すること。
・ 一次選考を通過した場合は二次選考(2014年4月下旬-5月上旬予定)の面接に必ず出席できること。


応募料
2,000円(税込)
出品申込の際に納入された出品料は理由の如何に関わらず返還できませんのでご了承ください。


応募締切
メールエントリー: 2014年3月18日(火)15:00
書類提出: 2014年3月21日(金)17:00 (郵送必着)
※メールによるエントリー完了後、書類を提出いただいた応募企画を審査対象とします。


審査員
甲斐賢治(せんだいメディアテーク 企画・活動支援室室長)
毛利嘉孝(社会学者、東京藝術大学准教授)
柳 幸典(現代美術家)
森 隆一郎(トーキョーワンダーサイト事業課長)

-

応募方法
応募書類をダウンロードの上、募集要項をよく読みお申し込みください。
TWS_EASP2014_JPN.zip


お問合せ先
E-mail: koubo2014@tokyo-ws.org
※メール以外でのお問い合わせは受け付けておりません。

ページの先頭へ