平成27年度リサーチ・レジデンス・プログラム公募開始!

平成27年度リサーチ・レジデンス・プログラム公募開始!

※応募受付を終了いたしました。ご応募ありがとうございました。







■応募締切:平成27年3月31日(火) 郵送必着

■応募概要(滞在期間/募集人数):
① 平成27年9月上旬~9月下旬の約1ヶ月間/5名
② 平成27年10月上旬~11月下旬の約2ヶ月間/5名
③ 平成28年1月上旬~1月下旬の約1ヶ月間/5名
④ 平成28年2月上旬~3月下旬の約2ヶ月間/5名

■支援内容:シングルルーム(滞在先)の提供とリサーチ活動のサポート


【平成27年度リサーチ・レジデンス・プログラム募集要項】


募集要項pdf版はこちらから≫Outline_RR2015J.pdf

トーキョーワンダーサイトでは、若手から中堅、さらには世界を舞台に活躍する一流のクリエーターたちが、2014年10月より墨田を拠点にリサーチや滞在制作を行うレジデンス・プログラムを実施しています。2006年から開始した当プログラムは、世界中のアートセンターや文化機関と連携して行われており、滞在中のクリエーターたちの活動は、東京に関するリサーチから作品制作、成果発表と、様々な形で展開されています。
「リサーチ・レジデンス・プログラム」では、東京を舞台とした文化芸術の研究や、新しい創作のリサーチを行うクリエーターを国内外問わず募集します。

1. 応募概要(滞在期間/募集人数):
① 平成27年9月上旬~9月下旬の約1ヶ月間/5名
② 平成27年10月上旬~11月下旬の約2ヶ月間/5名
③ 平成28年1月上旬~1月下旬の約1ヶ月間/5名
④ 平成28年2月上旬~3月下旬の約2ヶ月間/5名

2. 条件
シングルルーム(滞在先)の提供とリサーチ活動のサポート

3. 応募資格
① ヴィジュアルアート、ミュージック&サウンドアート、パフォーミングアート、建築、デザイン、キュレーション、文化・芸術に関する研究等を専門とするクリエーターで、専門とする分野で活動実績があり、将来の活躍が期待される者であること。
② 滞在中、「東京」に係わる作品の制作・研究を行う目的で滞在すること。
③ 提示された滞在期間の間、継続して滞在できること。
④ 他のレジデントと英語で十分にコミュニケーションする能力があり、他の滞在クリエーターとの相互理解や交流に努められること。
⑤ 自立しており、自力で制作ならびに生活ができる能力があること。
⑥ 東京での芸術文化活動の発展に大きく貢献すること。
⑦ TWSが求める場合には、オープン・スタジオや、その他のTWS主催プログラムに参加できること、ならびにTWS主催プログラムの広報活動に協力できること。
⑧ 滞在中はTWSの規則に従い、クリエーターインフォメーション、ポートフォリオ、活動報告書、作品画像、滞在後活動報告をTWSに提出できること。
⑨ プログラム期間を通して、クリエーターは、TWS以外での商業活動や、他の営利活動をしないこと。
⑩ 日本国籍を有していない者は、VISA取得に関する手続きを自分で行えること。

4. 募集期間
平成27年2月13日(金)~3月31日(火) 郵送必着

5. 選考日程
選考(書類審査):平成27年4月
※結果は平成27年5月上旬までに合格者にのみ個別にご連絡いたします。
結果発表:平成27年5月中旬(TWSのウェブサイトにて発表いたします)
※選考の経緯、結果に関する個別の問い合わせは受け付けておりません。

6. 応募方法
下記のアプリケーションパッケージをダウンロードし、マニュアル(Manual)フォルダ内の「応募書類・資料作成マニュアル」(Manual.pdf)を確認の上、7.応募書類・資料内容一式を、締切期日までに配達履歴が照会できる手段(簡易書留、宅配便、レターパックなど)で9.応募書類・資料送付先まで送付してください。

アプリケションパッケージはこちらから>> 
Application Package_RR2015J.zip


7. 応募書類・資料内容
① アプリケーションフォーム:1部
アプリケーションフォームに記入の上、プリントアウトしたもの。
※必ず末尾のチェックボックスならびに日付、署名を記入してください。
※「アプリケーションフォーム記入例」を参考に記入してください。
② 推薦状:2通
芸術に関わる専門家(学芸員、批評家、大学教員など)2名からの署名済の推薦状。
※推薦状を提出する推薦人の情報を「アプリケーションフォーム」の13.推薦人に記入してください。
※原本を提出してください。コピー不可。
③ データCD/DVD:1枚
「アプリケーションフォーム」のファイル、ならびに「アプリケーションフォーム」の18.作品リストに記入した作品データを保存したCD/DVD。
※「応募書類・資料作成マニュアル」を参照の上、作成してください。
④ 参考資料(冊子、DVDなど):任意
ポートフォリオ、アーティストステートメント、展覧会図録、作品集など。

※指定した用紙や方法以外で応募された場合、審査対象外となる場合があります。
※提出資料は返却せず、一定期間保管後、処分させて頂きますのでご了承ください。

8. レジデンス施設ならびに設備
居室: シングルルーム(25㎡)(バス・トイレ、基本家具、家電、台所、食器、タオル、リネン、LANケーブルによるネット接続)
共有設備: Wifi(終日利用可)、共有スペース(利用可能時間:9:30~22:00)、ネットワーキング・ルーム(キッチン、アイマック、プリンター、TV)、図書室、ランドリー(洗濯機、乾燥機)

9. 応募書類・資料送付先
〒130-0023 東京都墨田区立川2-14-7 アーツ菊川 1F(オフィス501)
トーキョーワンダーサイトレジデンス レジデンス担当宛
※封筒に「平成27年度リサーチ・レジデンス・プログラム 応募書類在中」と朱書きしてください。

10. 問い合わせ ※掲載のFAQ以外のお問い合わせの期間を延長しました。
本プログラムに関するFAQ(よくある質問)は下記に掲載しています。掲載のFAQ以外のお問い合わせは、平成27年3月4日(水)までに下記Email宛にお送りください。質問への回答は、平成27年3月11日(水)以降にFAQに追加し公開します。 
Email: research2015@tokyo-ws.org
※原則として、個別での回答は行っておりません。また、お電話でのお問い合わせはご遠慮ください。

11. 個人情報について
いただいた個人情報は、本公募に関する連絡及び今後のTWS主催事業のご案内のために利用させて頂きます。応募者の個人情報をこれら正当な目的以外に無断で使用することはありません。

※本事業は平成27年度事業となるため、平成27年度事業計画及び予算が平成27年3月31日までに公益財団法人東京都歴史文化財団理事会及び評議員会で承認された場合において、平成27年4月1日に実施が確定されます。


【平成27年度リサーチ・レジデンス・プログラム FAQ】


条件

Q1. TWSの支援には、日本への渡航費は含まれていますか?

A. TWSからの経済的支援はありません。

Q2. 制作費や生活費に対して、TWSより何らかの助成はありますか?

A. TWSからの助成はありません。

Q3. TWSでの滞在に対する助成に関する情報をご紹介いただけますか?

A. TWSでは、助成に関する情報提供はしていません。


応募資格

Q4. リサーチをしながら作品を制作したいのですが、この場合はリサーチ・レジデンス・プログラムの対象になりますか? それとも、もっと学術的なリサーチのためのプログラムなのでしょうか?

A. レジデンスの目的が「東京」に関連するリサーチや作品制作に関わるもので、東京の文化発展に貢献する活動であれば応募することができます。ただし、スタジオの提供はできません。

Q5. キューレーター/アドミニストレーターとして活動しているのですが、応募できますか?

A. 応募可能です。


応募書類

Q6. デュオ/グループで活動しています。1つのプロジェクトを行うのに、1つの応募フォームで一緒に応募することは可能ですか? 

A. グループでの応募は可能です。ただし、応募用紙は各自で記入して、一緒にお送りください。

Q7. 応募用紙はEメールで送っても良いですか?

A. 郵送での応募のみ受け付けます。送付の際は、配達履歴や追跡確認ができるものでお送りください。

Q8. 前回レジデンスプログラムに応募したのですが、今年もその応募書類は有効ですか?

A. 前回の応募書類は使用できません。新しく作成した応募書類でご応募下さい。


推薦状

Q9. 推薦状2通を同封して応募するとのことですが、推薦状は原本ではなく、スキャンしたコピーでも可能ですか?原本でないといけない場合、それらは返却されますか?

A. 推薦状2通(英語か日本語)を原本でお送り下さい。提出書類の返却はいたしません。

Q10. 推薦状は別送してもよいでしょうか?

A. 他の応募書類と一緒にお送りください。


設備・施設/支援

Q11. TWSにどんな設備がありますか?またTWSの支援はどんなものですか?

A. 設備については、応募要項の中の8. レジデンス施設ならびに設備 をお読みください。

TWSのスタッフが、リサーチの支援をします。


その他

Q12. TWSレジデンスの情報はどこかに掲載されていますか?

A. 応募要項並びにTWSウェブサイトのTWSレジデンスの情報をご参照ください。
>>TWSレジデンス情報

Q13. リサーチのために日本国内を旅行することは可能ですか?それとも東京に限定して滞在しなければなりませんか?

A. 可能です。プログラムに参加するアーティストは、TWSでの滞在期間中、制作活動やリサーチに集中することが求められます。東京以外のリサーチが必要な場合には、事前に申請書を提出していただきます。

Q14. TWS以外の宿泊施設や旅行にかかる費用は自己負担でしょうか、それとも援助があるのでしょうか?

A. 旅行に掛かる経費は自己負担です。

Q15. 滞在に家族を連れてくることは可能ですか?

A. 家族の滞在は認めていません。


以下、3月11日追加

Q16. 文学者も応募できますか?

A. 応募可能です。アプリケーションフォーム8)活動分野で□Other にチェックを入れて、Literaryと記入して下さい。

Q17. 「海外クリエーター招聘プログラム」と「リサーチ・プログラム」の両方に応募できますか?「海外クリエーター」に相応しくない場合に、TWSが「リサーチ・プログラム」にまわしてくれますか?

A. 両方のプログラムに応募するのなら、各々の応募方法に従って、2つのアプリケーションを作成してください。そして、2つのアプリケーションを同封して郵送してください。

ページの先頭へ