この夏、フィンランドの二つの音楽祭で日本人の作品が特集されました!

二国間交流事業プログラムでフィンランドに派遣されていた作曲家の鷹羽弘晃さんも参加されました。

[フィンランドの音楽祭レポート]

北欧の地フィンランドで日本人の作曲家を特集
―「アヴァンティ・サマー・サウンズ」音楽祭

この夏、フィンランドの二つの音楽祭で日本人の作品が特集されました。ひとつは、ヘルシンキに程近い歴史的都市ポルヴォーで行われた「アヴァンティ・サマー・サウンズ」(6月30日~7月4日)。音楽ディレクターを務めたのは、フィンランド大使館の前報道・文化参事官でチェリストでもあるセッポ・キマネン氏。第25回目となる今回は「日本の音楽」をテーマとし、一柳慧氏をメインに、野平一郎氏ら数名がゲストに招かれました。

pic1.JPG
「アヴァンティ・サマー・サウンズ」でのコンサートの様子


日本の現代作品からクラシック作品、子どものためのコンサートと、多彩なプログラム

このフェスティバルは、テーマ作曲家による新作のファンファーレで開幕するのが毎年恒例となっていますが、今年委嘱された編成はファゴット6管のための作品。今年は一柳慧氏に加えて、氏のニューヨーク時代の学友であるラウタヴァーラにも委嘱されており、両者によるふたつの個性的なファンファーレで幕を開けました。
フェスティバル全体としては、一柳氏の作品を中心に、野平一郎氏、間宮芳生氏、池辺晋一郎氏ら日本の作曲家による現代作品とともに、フィンランドの現代作品、そしてベートーヴェンやシューベルトなどのクラシック作品も取り混ぜた構成。一柳氏、野平氏がそれぞれ自身の作品を演奏する場面も。会場のポルヴォー大聖堂ほかで行われた演奏会はすべてほぼ満員だったとのことで、この音楽祭の現地での注目度の高さがうかがわれます。トーキョーワンダーサイトから二国間交流事業プログラムでフィンランドに派遣されていた作曲家の鷹羽弘晃さんは、とくに子どものためのプログラムが印象に残ったと語っています。実験的な現代作品も子どもが楽しめるよう工夫されており、親子で楽しめるファミリーコンサートとなっていたとのこと。そうした多彩なプログラム構成もまた、この音楽祭が現地で支持されている所以なのかもしれません。(鷹羽さんのレポートはこちら

pic2.JPG
自作≪resonant space≫を演奏する一柳氏


pic3.JPG
子どものためのコンサートの様子


豊かな自然のなかで、設備も充実
―「タイム・オブ・ミュージック」音楽祭

もうひとつのフェスティバルは、フィンランド中部の緑豊かな街、ヴィータサーリで行われた「タイム・オブ・ミュージック」(7月6日~11日)。音楽監督で作曲家でもあるペルットゥ・ハーパネン氏は、昨年トーキョーワンダーサイト青山:クリエーター・イン・レジデンスに滞在するなど、日本とフィンランドの文化交流にも意欲的。現代音楽作品を中心に扱うこちらの音楽祭、今年のテーマはヴォイスとエレクトロ・アコースティック。日本からは東京混声合唱団が初訪問し、間宮芳生氏らの合唱曲を披露しました。この音楽祭にも参加し、現地で自身の作品や活動についてのプレゼンテーションも行った鷹羽さんは、その上演環境に感嘆。テーマに「エレクトロ」とあるだけに、電子音響を使った作品も多かったが、どの作曲家の要求にも応え得る音響設備が特設会場に完備されていた、と語っています。また、一般の人向けの現代音楽講座なども開かれ、現地で好評を博していたというエピソードからも、フィンランドの人たちの音楽への関心の高さがうかがい知れます。

pic4.JPG

「Time of Music」 コンサート会場の教会へと向かう現地の学生たち

pic5.JPG

作曲家ラーサッカ氏(左)と芸術監督のハーパネン氏(右)によるトークセッション


日本とフィンランド、加速する文化交流

今回、アヴァンティ・サマー・サウンドにテーマ作曲家として招かれた一柳氏は、フェスティバルに参加して、「初めてのフィンランドは予想を超える驚きと感動の連続。音楽的なレベルの高さは秀れた作曲家や指揮者、将来を展望した企画性の高い催事などに象徴されている通りであったが、私に新鮮にうつったのは豊かで自由な精神性に裏付けられた一般の人々の文化や芸術に対する関心の高さであった。その雰囲気が環境として滞在中ひしひしと伝わってきて感動的であった」と語っています。また、同音楽祭の芸術監督のキマネン氏は、現地の新聞で、「西洋とアジアの伝統音楽は相互に影響し合い、いい関係にある。その中で作曲家がそれぞれ自分の個人的な音を探している。現在では、日本の音楽と西洋音楽に差はないと考える」と、大使館の文化参事官の目からみた現在の状況を俯瞰しつつ、良好な二国間の文化交流について語っています。
これまで紹介される機会の少なかった日本の作品がフィンランドで一挙に初演された今年、日本・フィンランド交流の発展史において、ひとつの歴史的な契機となった、とのちに語られるようになるのかもしれません。

ページの先頭へ