【レジデンス・プログラム】平成29年度海外クリエーター招聘プログラム、リサーチ・レジデンス・プログラム公募開始!

  • トップ >
  • アーカイブ >
  • 公募 >
  • 【レジデンス・プログラム】平成29年度海外クリエーター招聘プログラム、リサーチ・レジデンス・プログラム公募開始!

【レジデンス・プログラム】平成29年度海外クリエーター招聘プログラム、リサーチ・レジデンス・プログラム公募開始!

※応募受付を終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました。

トーキョーワンダーサイトでは、世界中のアートセンターや文化機関と連携したレジデンス・プログラムを2006年より実施しています。


この度、以下2つのレジデンス・プログラムに参加するクリエーターを募集します。
■平成29年度海外クリエーター招聘プログラム
■平成29年度リサーチ・レジデンス・プログラム

1) 平成29年度海外クリエーター招聘プログラム
滞在期間:3ヶ月間
募集人数:6名(予定)
募集分野:ヴィジュアルアート、建築、デザイン、キュレーション、アドミニストレーション
サポート内容:居室(シングルルーム)、シェアスタジオ、渡航費、滞在費、活動支援金
スタジオ:シェアスタジオを提供
<ダウンロードはこちら> ※英語のみ
- 応募要項 Outline_ICR2017E.pdf
- アプリケションパッケージ Application Package_ICR2017.zip
※海外クリエーター招聘プログラム、リサーチ・レジデンス・プログラムへの同時応募も可能です。その場合は、それぞれの応募用紙をご記入の上、一緒にお送りください。

2) 平成29年度リサーチ・レジデンス・プログラム
滞在期間:1~2ヶ月間
募集人数:15名(予定)
募集分野:ヴィジュアルアート、音楽、サウンドアート、パフォーミングアート、建築、デザイン、キュレーション等の文化芸術に関する分野
サポート内容:居室(シングルルーム)
スタジオ:なし
<ダウンロードはこちら>
- 応募要項 Outline_RR2017J.pdf
- アプリケションパッケージ Application Package_RR2017J.zip
※海外クリエーター招聘プログラム、リサーチ・レジデンス・プログラムへの同時応募も可能です。その場合は、それぞれの応募用紙をご記入の上、一緒にお送りください。
お知らせ

平成29年度海外クリエーター招聘プログラム及びリサーチ・レジデンス・プログラム公募に、多数のご応募をいただきまして、誠にありがとうございます。

応募者多数に伴い、作品データの提出先URLの発行にお時間をいただいております。
応募受付順に、7月5日(火)までに応募者全員へ返信してまいりますので、お電話でのお問い合わせはご遠慮くださいますよう、お願いいたします。ご迷惑をお掛けし大変申し訳ございません。ご理解のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

応募締切

平成28年6月30日(木)

応募方法

「応募要項」「アプリケションパッケージ」をダウンロードし、応募書類を送付してください。具体的な応募方法については、「応募要項」をご確認ください。

FAQ

応募資格

Q1. 過去にレジデンス・プログラムに参加したことがあるのですが、再度応募できますか?
A. 応募できます。ただし、過去に海外クリエーター招聘プログラムに参加したことがある方は、同プログラムへ再度参加することはできません。


設備・施設

Q2. TWSにはどのような設備がありますか?
A. 応募要項の中の10. レジデンス施設ならびに設備 をお読みください。


デュオでの応募

Q3. 海外クリエーター招聘プログラムへデュオで応募した場合、渡航費や滞在費、活動支援金は1人ずつもらえますか?
A. 支援費用は1名分のみの提供となりますが、渡航費はそれぞれに提供します。


Q4. 1つの応募用紙で一緒に応募することは可能ですか?
A. 応募用紙は各自で記入して、一緒に送付してください。また、応募用紙の14)-2、14)-3はデュオとしての活動となるため、2人とも同じ内容をご記入ください。

Q5. 推薦状は、デュオとしての活動に対するものを2枚提出すればよいですか?あるいは、各自2枚ずつ提出すべきですか?
A. デュオとしての推薦状を2通ご提出ください。

その他

Q6. リサーチのために日本国内を旅行することは可能ですか?それとも東京に限定して滞在しなければなりませんか?
A. 可能です。プログラムに参加するアーティストは、TWSでの滞在期間中、制作活動やリサーチに集中することが求められます。東京以外のリサーチが必要な場合には、事前に申請書を提出していただきます。


Q7. TWS以外の宿泊施設や旅行にかかる費用は自己負担でしょうか、それとも援助があるのでしょうか?
A. 自己負担です。

Q8. 全滞在期間で滞在可能です。もし選ばれた場合は、自分で滞在期間を選択できますか?
A. できません。TWSでの審査のもと、決定します。

問い合わせ

海外クリエーター招聘プログラム:inter2017■tokyo-ws.org
リサーチ・レジデンス・プログラム: research2017■tokyo-ws.org
※■を@に変換してください。

上記に掲載されているFAQ以外のお問い合わせについては、平成28年5月31日(火)までに上記Emailまでお送りください。質問への回答は、平成28年6月7日(火)以降にFAQに追加し公開します。
※原則として、個別での回答は行っておりません。また、電話でのお問い合わせはご遠慮ください。

ページの先頭へ