TOKAS-Emerging 2022

  • 展覧会
  • 35歳以下

「TOKAS-Emerging 2022」出展作家募集!

「TOKAS-Emerging」は、35歳以下のアーティストを対象とした展覧会公募プログラムです。
TOKAS本郷の展示スペースを使った、応募者自身が制作する平面(絵画、版画、デザイン、写真等)、立体、映像、インスタレーション等によって構成した展覧会企画のご応募をお待ちしています。
概要
TOKASでは2001年より、若手アーティストを対象とした個展開催プログラム「Emerging」を実施してきました。
この度、2022年度の「TOKAS-Emerging 2022」に参加する35歳以下のアーティストを募集します。
本事業では、一次審査(書類)、二次審査(面接)を経て選出された6組のアーティストが、3組ずつ2会期に分かれ、2022年4月から6月にかけてTOKAS本郷の各フロアでそれぞれの個展を開催します。
応募資格
下記のすべてに該当する方

  • 日本在住
  • 35歳以下(2021年7月31日現在)
*グループでの応募は、全員が有資格者であること
*搬入出・展示設営について責任をもって実施できること
*展覧会にむけた事前の打ち合わせへの積極的な参加が可能なこと
応募料
無料
支援内容
  • 会場の無償提供
  • 制作支援金150,000円(消費税別)の提供
  • 広報・宣伝の一部を協力
  • 運営面での助言、サポート
  • アートに関する専門家をゲストに迎えた、アーティスト・トークの開催
  • 展示風景、レビュー等を記載した記録冊子の作成
*設営・輸送など展示に係る経費は出展者の負担となります。
審査員(敬称略) *一次審査(書類)
  • 三本松倫代(神奈川県立近代美術館 主任学芸員)
  • 長谷川 新(インディペンデントキュレーター)
  • 近藤由紀(トーキョーアーツアンドスペース プログラムディレクター)
*二次審査(面接)はTOKASが行います。
会場
トーキョーアーツアンドスペース本郷 (東京都文京区本郷2-4-16)
スペースA(1F)・ スペースB(2F)・ スペースC (3F)のいずれか

*会場は出展者の希望を考慮に入れ、TOKASが決定します。
会期
2022年4月~2022年6月のうち約1ヶ月間(2会期)

*休館日:月曜日(祝日の場合は翌平日)
応募期間
2021年6月18日(金)から2021年7月20日(火)まで
*メールエントリーは7月16日(金)17:00まで
応募方法
  1. 下記から応募パッケージをダウンロードしてください。
    具体的な応募方法については、パッケージ内の「応募要項」を確認してください。
  2. メールエントリー 6月18日(金)から7月16日(金)17:00まで
  3. エントリー完了のメールを確認
  4. 応募書類送付 7月20日(火)郵送必着
  5. 応募書類受領のメールを確認
審査方法及びスケジュール
一次審査(書類)
2021年8月       
二次審査(面接)
2021年9月
FAQ

Q. 展示プランは複数応募できますか?
A. 複数応募はできません。1組(名)につき1プラン応募してください。

Q. PDFフォームにうまく入力できません。どうすればよいですか? 
A. プレビュー表示では、入力ができません。データは開いて入力してください。フォームは、文字サイズや文字数設定が施されています。
  ご自身で設定変更を行うと、不具合が生じる恐れがありますので、Adobe Readerにて、フォームの枠内に収まるように記入してください。
    どうしても入力できない場合は、事務局にお問合せください。

応募に関するお問い合わせ

トーキョーアーツアンドスペース本郷「TOKAS-Emerging 2022」担当
E-mail: apply_emerging(at)tokyoartsandspace.jp
*(at)を@に代えてください。
*お電話でのお問合せはご遠慮ください。

*新型コロナウイルスの感染状況によって、実施内容に変更や制限が生じる場合があります。


ページの先頭へ