ラモン・ピアグァへ トークイベント

ラモン・ピアグァへ トークイベント

トーキョーワンダーサイト 教育普及プログラム

開催情報

タイトルラモン・ピアグァへ トークイベント
トーキョーワンダーサイト 教育普及プログラム
会 期2015年11月4日(水) - 2015年11月4日(水)
時 間 19:00 - 20:30
入場料無料
主 催公益財団法人東京都歴史文化財団トーキョーワンダーサイト、在日エクアドル大使館
協 力セルバンテス文化センター東京
会 場トーキョーワンダーサイトレジデンス
アーティストラモン・ピアグァへ
アマゾンの熱帯雨林に生まれ育ち、独学で絵を習得したラモン・ピアグアヘが初来日!その創作の秘密や自然に対する思いを語ります。 ※逐次通訳あり(スペイン語・日本語)

プロフィール

ラモン・ピアグァヘ Ramón Piaguaje


1962年、エクアドルのアマゾン熱帯雨林地域、クジャベノ国立公園内でセコヤ族の首長の息子として生まれる。幼少より独学で絵を描いていたものの、絵の具を初めて手にしたのは、1993年ピアグァヘ31歳の時である。長年にわたってセコヤ族の研究をしていたアメリカの人類学者ウィリアム・ヴィッカーズがピアグアヘの絵の才能に目を留め、彼に油彩絵の具を贈ったことから、色彩豊かな作品の制作が始まる。翌1994年には、エクアドル首都キトのエクアドル・カトリック大学にて展覧会を開催した。2000年、画材のウィンザー&ニュートン社が主催した「世界ミレニアム絵画コンテスト」にて、ピアグアの作品が世界51カ国から集まった22,000点の応募作の中から最優秀賞に選ばれ、大きな注目を集める。授賞式ではイギリス・チャールズ皇太子と対面を果たした。以降、2003年にローマ、2008年にロサンゼルス、2014年にクアラルンプール等、世界各地で展覧会を開催。現在もアグアリコ川流域の熱帯雨林の中で、家族とともに暮らしている。

ピアグァへと家族

パレットを持つ手

アトリエでの創作風景

イーゼルの前のピアグァへと家族

問い合わせ

トーキョーワンダーサイトレジデンス
Tel: 03-5625-4433 Email: residence2015(at)tokyo--ws.org
※メールをお送りの際には、(at)部分を@に変えてください。

関連展示

ラモン・ピアグァヘ アマゾン熱帯雨林を描く

 エクアドル・セコヤ族出身のアーティストによる日本発の展覧会! 自然との特別な結びつきを持つピアグァへが描く神秘の世界をぜひご覧ください。
会期:2015年11月4日(水)~11月26日(木)
※オープニング:2015年11月3日(火・祝) 19:00~
会場:セルバンテス文化センター 2階ギャラリー
主催:セルバンテス文化センター東京、在日エクアドル大使館

ページの先頭へ