上村洋一+黒沢聖覇 「冷たき熱帯、熱き流氷」

OPEN SITE

上村洋一+黒沢聖覇 「冷たき熱帯、熱き流氷」

OPEN SITE 5|公募プログラム【展示部門】

《Thermo-cruising》 2020 ©Yoichi Kamimura + Seiha Kurosawa

上村洋一《Hyperthermia》 2019
NTTインターコミュニケーションセンター(ICC)での展示風景 
写真:Ryohei Tomita

黒沢聖覇《Desiring Unspeakable Entropy》 2019

北海道オホーツク海における流氷の調査及び作品制作を行ってきたアーティストの上村洋一と、ブラジルのアマゾン地域を調査したキュレーターの黒沢聖覇の二名による、新しい環境観を志向する共同制作プロジェクト。流氷の「冷たさ」と熱帯雨林の「熱さ」という両者の体験を衝突させることで、惑星規模で変化する環境やエコロジーに対する新しい感性と問いを提示する芸術的方法論を模索する。共同キュレーターに髙木遊。

会期
2021年1月9日(土) - 2021年2月7日(日)
休館日
1/12、1/18、1/25、2/1 
時間
11:00-19:00
入場料
無料
会場
トーキョーアーツアンドスペース本郷 スペースB(2F)
アーティスト上村洋一、黒沢聖覇、髙木 遊
助成東京藝大「I LOVE YOU」プロジェクト2020

関連イベント

アーティスト・トーク
日時
2021年1月24日(日) 14:00 - 16:00 ※要予約
出演
上村洋一、黒沢聖覇、髙木 遊
会場TOKAS本郷 スペースC(3F)


2020年11月1日(日)より予約受付開始!

プロフィール

上村洋一
1982年生まれ。視覚や聴覚から風景を知覚する方法を探り、人間と自然との曖昧な関係性を考察している。主にフィールド・レコーディングを素材にインスタレーションやサウンド・パフォーマンス、音楽作品などを制作し国内外で発表している。

黒沢聖覇
1991年生まれ。2019年東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科修了。現在、同研究科博士後期課程在籍。キュラトリアル実践を通して、自然環境・社会・精神の領域を横断する近年の新しいエコロジー観と現代美術の関係性を研究。展覧会制作に留まらず、他のアーティストと協働して作品制作も行う。

参加クリエーター

黒沢聖覇 
上村洋一

ページの先頭へ