米澤 柊「名無しの肢体」

OPEN SITE

米澤 柊「名無しの肢体」

OPEN SITE 7|公募プログラム【展示部門】

本展は、“いないがいる”アニメーションキャラクターが生きている空間のインスタレーションです。複数の画像が連続表示されることで、キャラクターは動き出します。それらの画像と画像のあいだを描く「中割り」によって生き生きとするのです。2枚の画像のフレーム間で中割りされ、動き出すとき、その隙間には無数の時間の可能性が生まれます。そこでは肉体のない、魂の身体について考えられるかもしれません。

会期
2022年10月22日(土) - 2022年11月27日(日)
休館日
10/24、10/31、11/7、11/14、11/21
時間
11:00-19:00
入場料
無料
会場
トーキョーアーツアンドスペース本郷 スペースB(2F)

《名無しの肢体 no name》2022

《劇場版オバケのB’》 2020  撮影:木奥恵三

《惑星ザムザ》 2020  撮影:木奥恵三

関連イベント

トーク|「まばたきと発光体」

枚数が節減されたアニメである「リミテッドアニメーション」で特徴的に用いられる描画技法、「オバケ」をモチーフに作品制作を試みる、アーティストの米澤柊。対して、リミテッドアニメーションにおける「声」の扱いを論じてきた、批評家の黒嵜想。同じ形式の映像を二つの側面でそれぞれに扱ってきたアーティストと批評家が、絵と絵の、絵と声の、そして私たちの「あいだ(中割り)」を凝視します。

日時11/13(日) 16:00 - 18:00(予定)
ゲスト黒嵜 想(批評家)
料金無料 ※予約制


プロフィール

1999年生まれ。東京都を拠点に活動。アーティスト、アニメーター。現在のデジタルアニメーションにおけるキャラクターの身体性、またそのアニメーションが生きる空間の空気性に関心を持って制作している。
https://shuyonezawa.com/

参加クリエーター

米澤 柊

ページの先頭へ