古堅太郎

レジデンス・プログラム

二国間交流事業プログラム(派遣)


古堅太郎

参加プログラム 二国間交流事業プログラム(派遣)
活動拠点ベルリン
滞在都市ベルリン
滞在期間
2013年4月 - 2013年7月
滞在目的

日本のアート・インスティトュートである東京ワンダーサイトが、ベルリンという「外国」で運営するレジデンスプログラムという特異な状況は、「外国人」としての社会参加と、その影響について興味のある私にとって、それ自体が非常に興味深い試みです。そのような活動の一部となる今回のレジデンスでは、自分自身のテーマと関連させながら、リサーチや制作を行い、今までの作品を、より発展させることに取り組みます。

滞在中の活動

滞在期間の初期、中期には、上記の制作コンセプトに基づくリサーチと制作を行います。また、積極的にスタジオヴィジットを行い、ネットワークづくりにも努力します。その過程で「社会参加」「身体・代謝」「市民」といったキーワードに注目し、コンセプトを含む作品のさらなる発展を試みます。滞在期間の後期には、スタジオを使用した展示を開催します。

クリエーター情報

ページの先頭へ