児嶋サコ

レジデンス・プログラム

二国間交流事業プログラム(派遣)


児嶋サコ

参加プログラム    二国間交流事業プログラム(派遣)
活動拠点ドイツ
滞在都市ベルリン
滞在期間 
2016年4月 - 2016年6月 
滞在目的

アーティスト児嶋サコがプライベートコレクションとしてベルリン在住のアーティストの作品を集め展示する3か月間のプロジェクト。レンタル費用は金銭ではなく児嶋自身の労働であり、その内容は各作家の要望に応える。その内容を記した契約書や作品を借りるための労働の記録が児嶋の作品であり、それらを併せて展示することにより、アートと社会の関係を見直す機会を作る。金銭を間に挟まないこの等価交換プロジェクトはマネーゲームに傾向しつつあるアートと社会の関係を見直し、人の心を通し生活の豊かさへ直接働きかけることの出来る芸術の中枢的な力を示すことを目的とする。

滞在中の活動

レジデンス開始後2か月の間に、ベルリンに住む幾人かのアーティストを訪ね、プロジェクトについて話をし、児嶋のプライベートコレクションとして展示する作品を決める。但し、作品を借りる費用は児嶋の等価労働で支払われる。例えばその作家のアシスタントになる、掃除婦として働く、散髪をする、靴下の穴を縫う等、何でもアーティストの要望に応える、ハムスターの衣装を着て。それら労働の記録や、その取り決めを記した契約書を作品と共に最後のひと月の間にワンダーサイトの空間で展示する。

クリエーター情報

ページの先頭へ