ユリアン・ヴェーバー

レジデンス・プログラム

二国間交流事業プログラム(招聘)

ユリアン・ヴェーバー

参加プログラム二国間交流事業プログラム(招聘)
活動拠点 ドイツ
滞在都市東京 *オンライン・レジデンス
滞在期間 2021年1月 - 3月
滞在目的

私自身の領域横断的なアプローチを深化し、しばしば別々の分野として捉えられる彫刻とダンスをもっと近づけていきたい。また、ポストヒューマン的な言説に対するリサーチをさらに発展し、伝統舞踊を例に、ドイツと日本の文化の相違性と類似性を分析する。単なる伝統の再構築ではなく、様々なアプローチを組み合わせて混成し、新たな型を展開することを重要視する。人間以外の受け手のためのアートを発展させることや他者による占拠の可能性を秘めた創造的な力を捉えることで、未知への偏見や恐れを取り除いていきたい。

滞在プラン
  • 日々の日課:身体を動かす、リサーチ、地球外生命体に向けたダンスの振付
  • 動作リサーチの映像記録アーカイブを展開
  • 日本のアーティストと交流して、作品についての対話を行う

クリエーター情報

ページの先頭へ