チェマ・ノヴェロ

レジデンス・プログラム

リサーチ・レジデンス・プログラム

更新日:2023.1.12

チェマ・ノヴェロ

参加プログラムリサーチ・レジデンス・プログラム
活動拠点メキシコシティ
滞在都市東京
滞在期間2023年1月 - 3月
滞在目的

TOKASレジデンシーでは、岡本太郎が1967年にメキシコシティで名作壁画《明日の神話》を描いた時期についてリサーチ。岡本氏は、パリのソルボンヌ大学で民族学を専攻していた頃から、古代の先住民族の文化に憧れを抱いていた。作品には日本の縄文人の影響が見られるが、メキシコのアステカ文明やオセアニア先住民族の文化にも深い憧れを抱いていたという。
私のリサーチは、彼が所蔵し、青山の自宅記念館の居間に常設展示されているメキシコの粘土製民俗彫刻「生命の樹」をもとに、1970年に大阪の「太陽の塔」の内部に設置された彼のモニュメント彫刻《生命の樹》との関係性や類似点を見出すことを目的とする。

滞在プラン
  • 岡本太郎記念館、川崎市岡本太郎美術館、太陽の塔、東京国立博物館(1955年9月にメキシコ壁画展を開催)、メキシコ大使館の図書館を訪問。
  • 「日本現代美術におけるメキシコ壁画運動の影響について」という論文を書いた美術史家・学者の加藤薫氏と、岡本太郎の壁画《明日の神話》に詳しい田中敬一氏にインタビュー。
  • このリサーチは、2023年の夏にメキシコシティ、パリ、日本の3都市で撮影する予定の短編映画の脚本制作において最初のアプローチになる。

クリエーター情報

ページの先頭へ