アンナ・ゴジーナ

レジデンス・プログラム

二国間交流事業プログラム(招聘)

更新日:2023.9.15

アンナ・ゴジーナ

参加プログラム二国間交流事業プログラム(招聘)
活動拠点アントウェルペン
滞在都市東京
滞在期間2023年9月 - 11月
滞在目的

私の作品は物質文化に深く根ざしており、物質を能動的、有意義で知的な実体として捉え、自身の新物質主義概念と結びつけている。アニミズム的な性格を持つインスタレーションは、現代考古学の手法を用いながら、価値体系に関する固有の言説をもたらす。
私は、新しい環境、東京という都市の可能性を探求するつもりだ。広範な散策と観察を行うことで顕在化するものに注意を払い、都市環境と、そこで遭遇した物や素材がどのような物語を担っているのかを考察する。そのような物や素材を収集し、スタジオで探求していく。

滞在プラン
  • 遭遇した場所に特化した素材を調査・研究する
  • 他のレジデントからアドバイス/指導を受ける
  • 特定の場所、特定の時間帯をモニタリングし、記録することでサウンドマップを作成する
  • 素材を加工し、収集する  
  • 継続的に徹底的な文献調査を行い、適切な内容やその分野の専門家を特定し、可能であれば共同研究を行う

クリエーター情報

ページの先頭へ