Jang-Chi (オル太)

Jang-Chi (オル太)

Jang-Chi(OLTA)

プロフィール

1983年生まれ、オル太代表。2010年多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻卒業。 近年オル太の主な個展/グループ展/コンサートに「黄金の郷愁」(2011年・nap gallery)「指彫刻」(2011年・岡本太郎記念館)「NEXT-TWS10年!」(2011年・トーキョーワンダーサイト渋谷)「つちくれの精霊」(2011年・NHK横浜放送局/KAATアトリウム)「萌える山田とねこまんま」(2011年・アキバタマビ21)がある。 オル太は80年代生まれの8名からなる表現集団。 メンバーは、Jang-Chi、長谷川義朗、川村和秀、梅田豪介、斉藤隆文、井上徹、高木真希人、メグ忍者。 全員、多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻出身 主な受賞歴に第14回岡本太郎現代芸術賞、岡本太郎賞(川崎市岡本太郎美術館)、第4回展覧会企画公募入選(トーキョーワンダーサイト本郷)がある。

作品/パフォーマンスについて

祭り、相撲、田んぼ、幼少期に触れた田舎から、ファミコン、漫画、J-POPまで、日本で接することが出来る文化や、風土に染み付いた感性と記憶よりインスピレーションを得て作品を制作する。絵画、彫刻、映像、音楽など多数のメディアをパワフルに組み込み、多角的なアプローチによる集団的表現を展開。巨大インスタレーション、社会との接続を試みるプロジェクトで、古来より人々が行ってきた創造活動の根源的な力を現代へ蘇らせる。誰も知らないアートの可能性があなたのジャパニーズDNAを刺激する。

ページの先頭へ