マリオン・パケット

マリオン・パケット

Marion PAQUETTE

更新日:2023.5.9

氏名
マリオン・パケット
ジャンル
ヴィジュアル・アート
ウェブサイト
https://marionpaquette.com/
参加プログラム
二国間交流事業プログラム(招聘) (2023年5月 - 2023年7月)
オープン・スタジオ (2023年7月 - 2023年7月)
マリオン・パケット
プロフィール

1992年カナダ、モントリオール生まれ。モントリオールを拠点に活動。2015年ケベック大学モントリオール校ヴィジュアル&メディ アアート学部卒業。
パケットは、ソロの実践、コレクティブの実践(doux soft club、2017年)、デュオの実践(demi-mesure、2020年)といった、多面的な実践を展開している。

主な展覧会
2023年「courant d’arrachement」 Parc du Camps-et-de-la-Cité、リビエール・デュ・ルー、カナダ
2022年「Indice-Objet」Université du Québec en Abitibi-Témiscamingue、ルイーヌ=ノランダ、カナダ
2022年「Bye bye bourgogne」 Complex de Bullion、モントリオール
2022年「bleu de lieu」Fondation PHI pour l’art contemporain、モントリオール
2022年「Proximité · plaisir · plasticité : regard sur la performance」Dazibao、モントリオール

受賞歴・助成など
2022年「Creation grant」ケベック州芸術人文評議会、ヴィジュアル・アート
2020年「Research, creation and exploration (emerging)」ケベック州芸術人文評議会

作品 / パフォーマンスについて

パケットは、ソロでの実践として、身体や空間、物体の繊細な関係を探る接点や状況の創造を中心に展開している。不快で、壊れやすく、曖昧なものにまつわる体験を起点に、社会的、自然的、構築的な環境への順化についてリサーチを行っている。「介入が生じる」文脈に密接に関係を持つこのアプローチを用い、テキスタイル、オブジェクト、写真、ドローイング、ビデオ、文章を組み合わせたパフォーマティブな活動やインスタレーションを生み出している。発表では、公共の場でのパフォーマンスや、現場への介入、参加者とのコラボレーションを通して、彫刻的装置が身体(人工器官、膜)または空間(表面、居住)の拡張として機能する。

《bleu de lieu》
2022年、ゴム引きポリエステル、ウレタンフォーム、木材、ベルクロ、ジップ、サイズ可変
©doux soft club


《sortir le dedans du dehors》
2020年、 20 x 25インチ防水ポリエステルカバー、ヴェルヴェット、枕、テープ生地、 ラチェット
インクジェットプリント 24 x 36インチ
©marion paquette

《comment les silences trouvent-ils écho》
2022年、 レジン、 光 反射顔料、ファウンドネックレス、木製フレーム
©marion paquette

《1:1 ou quand l'ailleurs devient l'ici》
2018年、テープ状生地、糸、150 x 120 inches<br>インクジェットプリント, 24 x 36 インチ
©marion paquette

ページの先頭へ