MUTEK.JP「VR Salon:イマーシブ・リアリティーズ」

その他のプログラム

MUTEK.JP「VR Salon:イマーシブ・リアリティーズ」

OPEN SITE 2018-2019 公募プログラム【展示部門】

開催情報

タイトルOPEN SITE 2018-2019 公募プログラム【展示部門】
MUTEK.JP「VR Salon:イマーシブ・リアリティーズ」
会 期2019年1月12日(土) - 2019年2月11日(月)
休館日月曜日(ただし1/14、2/11は開館)、1/15
時 間
11:00 - 19:00
入場料
無料
主 催トーキョーアーツアンドスペース(公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館)
助 成アンスティチュ・フランセ日本
協 力Phi Centre(モントリオール)
会 場トーキョーアーツアンドスペース本郷
アーティスト梅田宏明(日本)
山本信一、瀬賀誠一、Intercity-Express(日本)
カン•ブユクベーバー(トルコ)
フェリックス&ポール(カナダ)
フライトスクール(アメリカ)
マシュマロ・レーザー・フィースト(イギリス)
テオドル・ウシェフ(カナダ/フランス) 
特設サイトhttps://mutek.jp/projects/2018/11/20/vr-salon-immersive-realities/

アーティストたちは常に最前線で先進テクノロジーを活用して、自己表現の新たな手法を探り、同時代の一般的な美意識に疑問を投げかけてきた。最新の先進テクノロジーのひとつである仮想現実と拡張現実は、瞬く間にアーティストやクリエーター、イノベーターたちからの注目を集めた。こうした先駆者たちはバーチャル・リアリティを用いて、アーティストとしてのみならず、人間として、我々の過去・現在・未来を問う没入型仮想現実感(イマーシブ・リアリティ)に、人々の心を完全に惹きつけている。「 VR Salon: イマーシブ・リアリティーズ 」の展示は、芸術の新たな表現形式に至るツールとして、こうした新たな没入型メディアの概念を探るものになる。

※VR作品は機器調整のため14:30-15:30は体験いただけませんのでご注意ください。




プロフィール

デジタル・アートの促進を担う非営利団体。美術、音楽、科学、テクノロジーが交差する創造を探求する革新者とクリエーターのためにプラットフォームを提供する。主な活動に「MUTEK Japan 2017」(日本科学未来館、東京)のほか、モントリオール、メキシコシティ、バルセロナ、ブエノスアイレス、ドバイ、サンフランシスコ等でフェスティバルを実施している。

https://mutek.jp/

関連イベント

トークイベント
タイトルMUTEK.JP「VR Salon:イマーシブ・リアリティーズ」 OPEN SITE 2018-2019 公募プログラム
トークイベント
開催日時1月26日(土)16:00-
出演山本信一(メディア・アーティスト)、瀬賀誠一(デジタル・アーティスト)、Intercity-Express大野哲二(音楽家)
モデレーター小林桂子(日本芸術文化振興会プログラムオフィサー)

参加クリエーター

MUTEK.JP

ページの先頭へ