腑「継ぐ」

OPEN SITE

腑「継ぐ」

OPEN SITE 2019-2020|TOKAS教育普及プログラム


《食とドローイング》 2018 Photo:在本彌生

地球表面積の約7割は水で、人体の約7割も水で構成されている。「ザ・ブルー・マーブル」。1972年に「アポロ17」の宇宙飛行士によって初めて撮影された地球は、宇宙に浮かぶ青いビー玉のように見えることからこう呼ばれた。マーブリング(墨流し)を用いて環境としての水を可視化しながら、同時に食を通じて体内の水の気配を捉えるワークショップを行い、制作した作品を発表する。

日時2020年2月1日(土) 13:00-16:00
ワークショップ(マーブリング)+ゲストと腑によるトーク
ゲスト:山地萌果 (JAXA 第一宇宙技術部門地球観測研究センター研究開発員)

2020年2月2日(日) 13:00-16:00
ワークショップ(マーブリング)+腑によるトーク
料金無料
対象大人(中学生以上)
定員25名(予約制)
申込締切2019年12月23日(月) ※応募多数の場合は抽選。2020年1月10日(金)までに当選者のみにメールでお知らせします。
会場トーキョーアーツアンドスペース本郷 スペースA(1F)
持ち物エプロン、または着替え(汚れても良い服)をご持参ください。

展示 

会期2020年2月4日(火) - 2月9日 (日)
時間11:00-19:00
会場トーキョーアーツアンドスペース本郷 交流室

参加クリエーター


ページの先頭へ