Back and Forth Collective 「Feminists in Collective Practice-実践を共にする-」

OPEN SITE

Back and Forth Collective 「Feminists in Collective Practice-実践を共にする-」

OPEN SITE 5|公募プログラム【dot部門】

「Quiet Dialogue: インビジブルな存在と私たち」展 2018 上映会風景

コレクティブ・フィルムメイキング
《Speculative Fiction: Practicing Collectively》
©フィオン・ダフィー 2020

《梅毒は語る》 2019 パフォーマンス、ジャカルタ

複数の地域でメンバーが活動するコレクティブ性を活かし、各々の視点から得たジェンダー/フェミニズムに関するアーティストの多様なアプローチを紹介する。日本のフェミニズム運動や移住者とジェンダー、リプロダクティブヘルス/ライツなどに関する映像上映や、意見交換によって個人や社会の複雑性と多様性を表す手法を探り、複数のアーティストが映像共同制作を行うコレクティブ・フィルムメイキングをとおして、さまざまな連携の形を考える。

日時
■スクリーニング■
2020年12月17日 (木) - 12月20日(日) |詳細は後日発表

■イベント■
①12月19日(土)17:00 – 19:00 「コレクティブ・フィルムメイキング  Speculative Fiction: Practicing Collectively」 
Back and Forth Collective とスコットランド拠点のアーティスト、ジェン・クラーク、フィオン・ダフィーとのコラボレーション。
(音楽:サラ・マクウィニー、キュレーション:レイチェル・グラント)

②12月20日(日)14:00 – 15:00 「WOMEN’S BODIES / RIGHTS」 ※性自認が女性のみのイベント

③12月20日(日)17:00 – 19:00 「視点の交差・女性の移住 」
料金
無料|各イベントは要予約
定員スクリーニング:入退場自由|イベント:16名
会場
トーキョーアーツアンドスペース本郷 スペースC(3F)
出演滝 朝子、本間メイ、坂本夏海


2020年11月1日(日)より予約受付開始!

プロフィール

2017年より活動開始。メンバーの坂本夏海、滝朝子、本間メイはそれぞれスコットランド、日本、インドネシアを主な拠点とし、近年はジェンダーやフェミニズムに関わる展覧会やイベント、リサーチなどゲストとともに行っている。

参加クリエーター

Back and Forth Collective

ページの先頭へ