大坪 晶

レジデンス・プログラム

国内クリエーター制作交流プログラム

大坪 晶

参加プログラム  国内クリエーター制作交流プログラム
活動拠点日本
滞在都市 東京
滞在期間 2019年9月 - 2019年11月
滞在目的

複雑に分断された文化や国境を持つ現代において、他者を有機的につなげる神話(作品)の共有によって対話し、歴史記憶の継承プロセスについての意見交換や、非言語的コミュニケーションである視覚表現によって相互理解を促進し、アイデアの交換を行いたいと考えています。

滞在中の活動

・9月 : 国立国会図書館にて文献・写真資料のリサーチ、残存する個人住宅の調査、制作交渉
・9、10、11月 : 暗室にて作品制作
・10月 : 都内の個人邸宅にて写真・映像作品制作
・10月 : PORT ART&DESIGN TSUYAMA(岡山/津山)「Shadow in the House」作品発表
・11月 映像編集、発表作品の実制作、インスタレーションの構築、実装

クリエーター情報

ページの先頭へ